問98-165 解説


問165

抗菌薬の作用機序に関する記述のうち、正しいのはどれか。
2つ選べ。

1 バンコマイシンは、ペプチドグリカン末端に結合し、細胞壁の合成を阻害する。
2 ミノサイクリンは、細胞膜を障害し、細菌の細胞内物質を漏出させる。
3 イソニアジドは、ミコール酸の生合成を阻害し、結核菌に対して抗菌作用を示す。
4 ホスホマイシンは、細菌のリボソーム30S サブユニットに作用し、アミノアシルtRNA とリボソームの結合を阻害する。
5 セフジニルは、DNA 依存性RNA ポリメラーゼを阻害し、RNA 合成を抑制する。




選択肢 1 はその通りの記述です。


ミノサイクリンは、テトラサイクリン系の抗生物質です。
アミノアシルtRNAが、mRNA・リボソーム複合物と結合するのを
妨げます。細菌のリボソーム 70Sリボソーム中の、30Sリボソームに特異的に作用します。
よって、細胞膜を障害するわけではありません。
選択肢 2 は誤りです。


選択肢 3 はその通りの記述です。


ホスホマイシンは、細菌の細胞壁合成過程(ペプチドグリカン合成)を阻害し
殺菌的に作用します。
よって、リボソームに結合して作用するわけではありません。
選択肢 4 は誤りです。


選択肢 5 ですが
DNA 依存性 RNA ポリメラーゼ阻害は
リファンピシンなどに関する記述です。

セフジニルは、セフェム系抗生物質です。
細胞壁合成を阻害することで作用します。
選択肢 5 は誤りです。



以上より、正解は 1,3 です。