問98-251 解説


問251 

69歳女性。近医より紹介され、不整脈の精密検査目的で入院することになり、以下の処方薬を持参した。
クレアチニンクリアランスは60mL/minであり、AST及びALTはそれぞれ30、35 IU / L であった。

(処方1)
カルベジロール錠2.5mg 1回2錠 (1日2錠)
1日1回 朝食後

(処方2)
シベンゾリンコハク酸塩錠100mg 1回1錠 (1日3錠)
1日3回 朝昼夕食後

(処方3)
ワルファリンカリウム錠0.5mg 1回3錠 (1日3錠)
1日1回 昼食後

(処方4)
ラベプラゾールナトリウム錠10mg 1回1錠 (1日1錠)
ベプリジル塩酸塩水和物錠50mg 1回1錠 (1日1錠)
1日1回 朝食後

(処方5)
トリアゾラム錠0.125mg 1回1錠 (1日1錠)
1日1回 就寝前


処方された個々の薬剤の薬理作用として、正しいのはどれか。
2つ選べ。

1 カルベジロールは、アドレナリンβ受容体遮断作用に加え、アドレナリンα1受容体遮断作用も有する。
2 カルベジロールは、プロプラノロールと異なり、内因性交感神経刺激作用 (ISA) を有する。
3 シベンゾリンは、心筋のNa+チャネル遮断作用とK+チャネル開口作用を有し、活動電位の持続時間を短縮する。
4 ベプリジルは、電位依存性L型Ca2+チャネルを遮断し、房室結節の有効不応期を延長する。
5 ワルファリンは、アンチトロンビン III の作用を増強し、抗凝固作用を示す。










選択肢 1 はその通りの記述です。


カルベジロール(アーチスト)は、β遮断作用に加え
α1受容体遮断作用を主とした血管拡張作用も有する薬です。
又、ISA:すなわち、内因性の交感神経刺激作用がありません。
そのため、心臓に対する負荷が、ISA+の薬物よりも少ないといえます。
よって、選択肢 2 は誤りです。


シベンゾリンは、クラス Ia 群に分類される抗不整脈薬です。
Na+チャネル遮断作用を有し、活動電位持続時間を延長させます。
よって、短縮するわけではないので、選択肢 3 は誤りです。
ちなみに、K+チャネルに対して、クラスIa群は抑制をする方向に働きます。


選択肢 4 はその通りの記述です。


ワルファリンは、ビタミンK依存性血液凝固因子の産生を抑制することで
抗凝固作用を示します。
アンチトロンビンIIIは、凝固阻害因子です。
この作用を増強して抗凝固作用を示すのは、ヘパリンです。
よって、選択肢 5 は誤りです。



以上より、正解は 1,4 です。