問98-252 解説



問252

糖尿病患者が以下の処方せんを持って保険薬局に来局した。なお、この薬局には初めての来局である。

(処方1)
ボグリボース錠 0.2mg 1回1錠(1日3錠)
1日3回 朝昼夕食直前 30日分

(処方2)
シタグリプチン酸塩水和物錠 50mg 1回1錠 (1日1回)
1日1回 朝食前 30日分


処方されたこれらの薬剤の作用機序として、正しいのはどれか。
2つ選べ。

1 α-アミラーゼを競合的に阻害し、食後高血糖を抑制する。
2 ATP感受性K+チャネルを遮断し、膵β細胞を脱分極させる。
3 ジペプチジルペプチダーゼ-4 (DPP-4)を阻害し、グルカゴン様ペプチド-1(GLP-1)の分解を抑制する。
4 GLP-1受容体を直接刺激し、血糖値を低下させる。
5 グルカゴンの分泌を抑制し、血糖値の上昇を抑制する。



ボグリボースは、α-グルコシダーゼ阻害薬です。
腸管における、二糖類から単糖への分解を阻害することで、糖質の消化・吸収を遅延させて
食後過血糖を改善します。

阻害するのは、α-アミラーゼではありません。
α-アミラーゼとは、デンプン中のアミロースやアミロペクチンを、単糖類や二糖類に変換する酵素群のことです。
つまり、α-アミラーゼは、多糖類→二糖類や単糖類への分解を担う酵素なのですが
α-グルコシダーゼは、二糖類→単糖類に分解する酵素であるという違いです。
よって、選択肢 1 は誤りです。


ATP感受性K+チャネル遮断による糖尿病薬は、SU薬です。代表例はグリメピリドです。
よって、選択肢 2 は誤りです。


選択肢 3 はその通りの記述です。
シタグリプチンが、DPP-4阻害薬です。


GLP-1受容体を直接刺激するのは、リラグルチドや、エキセナチドです。
よって、選択肢 4 は誤りです。


選択肢 5 はその通りの記述です。
DPP-4阻害薬は、GLP-1の分解を抑制します。
それにより、GLP-1の作用である、グルカゴン分泌抑制を促進します。
つまり、グルカゴンの分泌が抑制されます。
グルカゴンは、血糖を上昇させるようなホルモンであるため
グルカゴンの分泌が抑制されることにより、血糖値の上昇が抑制されます。


以上より、正解は 3,5 です。