問98-253 解説


問253

糖尿病患者が以下の処方せんを持って保険薬局に来局した。なお、この薬局には初めての来局である。

(処方1)
ボグリボース錠 0.2mg 1回1錠(1日3錠)
1日3回 朝昼夕食直前 30日分

(処方2)
シタグリプチン酸塩水和物錠 50mg 1回1錠 (1日1回)
1日1回 朝食前 30日分

この患者への服薬指導時の対応として、適切でないのはどれか。
2つ選べ。

1 ボグリボースは、インスリンの分泌を促進すると説明する。
2 ボグリボースの副作用として、腹部膨満、放屁が増加することを説明する。
3 シタグリプチンは、血糖値をコントロールするホルモンであるインクレチンの作用を増強し、血糖値を下げると説明する。
4 低血糖の症状が現れた場合、砂糖水を飲むように説明する。
5 腎臓の働きが悪いと言われたことがあるかどうか確認する。



ボグリボースは、α-グルコシダーゼ阻害薬(α-GI)です。
インスリンの分泌を促進するわけではないので、選択肢 1 は誤りです。


ボグリボースの副作用として、腸内ガス等の増加による腹部膨満、放屁増加等があります。
よって、選択肢 2 は適切です。


シタグリプチンは、DPP-4阻害薬です。
DPP-4とは、GLP-1(インクレチン)というホルモンを分解する酵素です。
インクレチンとは、グルカゴン分泌抑制ホルモンです。
DPP-4が阻害されることで、インクレチンが分解されにくくなり、その結果
グルカゴンの分泌が抑制されることで血糖値を減少させます。
よって、選択肢 3 は適切です。


低血糖の症状が現れた時には、ブドウ糖を摂取するように説明します。
砂糖水ではありません。よって、選択肢 4 は誤りです。
α-GIを服用しているため、砂糖水に含まれる糖質が、単糖まで分解されず
砂糖水を服用しても、低血糖症状が改善されません。


シタグリプチンは、重度腎機能障害のある患者には、血中濃度上昇することがあり、禁忌となっています。
そのため、選択肢 5 は適切です。


以上より、正解は 1,4 です。