問98-256 解説



問256

63歳男性。腎不全で透析施行中の入院患者に以下の薬剤が追加で処方された。

(処方1)
ナテグリニド錠90mg 1回1錠(1日3錠)
1日3回 朝昼夕食直前 7日分

(処方2)
ロスバスタチンカルシウム錠2.5mg 1回1錠 (1日1錠)
1日1回 夕食後 隔日投与 4日分


この患者の治療に関する記述として、適切でないのはどれか。
2つ選べ。

1 ロスバスタチンカルシウム錠は、透析患者に対して禁忌である。
2 ナテグリニド錠は、透析患者に対して禁忌である。
3 服薬指導時に、食事中のタンパク質量が制限されていることを確認する。
4 服薬指導時に、患者の手足のむくみを確認する。



ロスバスタチン(クレストール)は、透析患者に対して禁忌ではありません。
よって、選択肢 1 は誤りです。
※肝機能が低下していると考えられる、急性肝炎、慢性肝炎の急性憎悪、肝硬変などの患者に対して
禁忌の薬です。


選択肢 2 はその通りの記述です。


透析施工中であれば、透析によるタンパク質原料のアミノ酸欠乏を補充するために
一定量の適切なタンパク質摂取が必要になります。
すなわち、食事中のタンパク質量が制限されていることを確認する必要はないと
考えられます。
よって、選択肢 3 は適切であるとはいえません。


患者の手足のむくみを確認することにより、糖尿病性腎症の進行具合を推測することができます。
服薬指導時の確認により、血糖コントロールが適切に行われているかを判断する
一つの情報源となりうると考えられます。


以上より、正解は 2,4 です。