問98-109 解説


問109 

生物活性天然物とその生合成経路に関する記述のうち、正しいのはどれか。
2つ選べ。

1 カンプトテシンとフィゾスチグミンはトリプトファン由来のアルカロイドである。


2 チモールとレスベラトロールはイソプレノイド経路で生合成される。


3 ポドフィロトキシンとテトラサイクリンはシキミ酸経路で生合成される。


4 シアニジンとダイゼインはシキミ酸経路と酢酸-マロン酸経路の複合経路で生合成される。




選択肢 1 はその通りの記述です。


チモールは、テルペノイドに属する化合物です。
イソプレノイド経路で生合成されます。

レスベラトロールは、スチルベノイドに属する化合物です。
シキミ酸と酢酸-マロン酸の複合経路で生合成されます。
よって、イソプレノイド経路ではありません。
選択肢 2 は誤りです。


ポドフィロトキシンは、生合成経路が今の所よくわかっていないようです。
テトラサイクリンは、酢酸-マロン酸経路により生合成されます。
よって、シキミ酸経路で生合成されるわけではありません。
選択肢 3 は誤りです。


選択肢 4 はその通りの記述です。



以上より、正解は 1,4 です。