問100-286 解説





問286-287 
76歳男性。体重72kg。
先週より腰痛があり、整形外科を受診し
神経障害性廃痛の診断を受けた。

同日保険薬局を訪れ
処方せんをお薬手帳と共に
保険薬局の薬剤師に手渡した。

手帳には以下の記載があり
約 2 週間前から
胃潰瘍治療薬を服用していることを
薬剤師は確認した。


(お薬手帳)
年月日     
平成27年2月16日

処方内容
処方1)
ファモチジン口腔内崩壊錠 10 mg 
1回1錠 1 日 1回 夕食後 30日分

処方2)
アズレンスルホン酸 Na
・Lグルタミン配合穎粒 
1回 0.5g 1日3回 毎食後 30日分
厚生消化器内科医院 厚生次郎

平成 27 年 2 月 2 日の検査結果
AST 30 IU/L、ALT 25 IU/L
r-GTP 20 IU/L、
BUN 50 mg/dL
血清クレアチニン 3.0 mg/dL


今回の処方せんは以下のとおりであった。
(処方)
プレガパリンカプセル 25mg 
1回 2 カプセル(1日2カプセル)
1日1回 就寝前 14日分


問286(病態・薬物治療)
腎機能を評価する上で
糸球体ろ過量(値または率、GFR)を
最も正確に評価できるものはどれか。
1つ選べ。

1 血清クレアチニン値
2 血中尿素窒素(BUN)値
3 イヌリンクリアランス値
4 尿中β2 ミクログロプリン値
5 PSP値 (フェノールスルホンフタレイン試験)



GFR の
最も信頼性の高い測定法は
イヌリンクリアランスです。


イヌリンは
糸球体において完全にろ過され
腎尿細管において
分泌をうけず
かつ、再吸収されることもありません。


そのため
イヌリンを投与し、イヌリンクリアランスを測定すれば
GFR を正確に測定することができます。



よって、正解は 3 です。



ちなみに
イヌリンクリアランス測定は
正確なGFRが測定できるという長所の反面
時間がかかる上に
患者負担も大きいという短所もあります。

(患者負担の具体例としては
・正確な測定のために 検査当日 絶食
・採尿にある程度の飲水量が必要 など)


そのため、採血を行い
血清クレアチニン値から推測するという
簡便な方法等が
一般的に用いられています。