問100-287 解説





問286-287 
76歳男性。体重72kg。
先週より腰痛があり、整形外科を受診し
神経障害性廃痛の診断を受けた。

同日保険薬局を訪れ
処方せんをお薬手帳と共に
保険薬局の薬剤師に手渡した。

手帳には以下の記載があり
約 2 週間前から
胃潰瘍治療薬を服用していることを
薬剤師は確認した。


(お薬手帳)
年月日     
平成27年2月16日

処方内容
処方1)
ファモチジン口腔内崩壊錠 10 mg 
1回1錠 1 日 1回 夕食後 30日分

処方2)
アズレンスルホン酸Na
・Lグルタミン配合穎粒 
1回 0.5g 1日3回 毎食後 30日分
厚生消化器内科医院 厚生次郎

平成 27 年 2 月 2 日の検査結果
AST 30 IU/L、ALT 25 IU/L
r-GTP 20 IU/L、
BUN 50 mg/dL
血清クレアチニン 3.0 mg/dL


今回の処方せんは以下のとおりであった。
(処方)
プレガパリンカプセル 25mg 
1回 2 カプセル(1日2カプセル)
1日1回 就寝前 14日分



問287(実務)
薬剤師が
プレガパリンカプセルの添付文書を
確認したところ

クレアチニンクリアランス(mL/min)
≧60 の場合の初期投与量
「1回75mg、1日2回」
≧30-< 60の場合の初期投与量
「1回75mg、1日1回」
≧15-< 30の場合の初期投与量
「1回50mg、1日1回」と記載されていた。

この患者の薬物治療に対する
薬剤師の対応として最も適切なのはどれか。
1つ選べ。

1 お薬手帳の処方 1 の薬剤と
プレガパリンとの併用は禁忌であると考えて
お薬手帳に記載された内科医に
疑義照会した。

2 お薬手帳の処方2の薬剤と
プレガバリンとの併用は禁忌であると考えて
今回の処方医に疑義照会した。

3 プレガバリンの投与量が少ないと考えて
今回の処方医に疑義照会した。

4 プレガバリンの投与量が少ないと考えて
お薬手帳に記載された内科医に疑義照会した。

5 適切な用量の処方であると判断して
調剤を行った。



選択肢 1,2 ですが
プレガバリンと併用禁忌の薬は
ありません。
(第 100 回 国試出題時点)


よって、選択肢 1,2 は誤りです。



選択肢 3 ~ 5 の正誤を判断するために
患者のクレアチニンクリアランスを計算します。

Cockcroft & Gault 式によれば
クレアチニンクリアランスは


※Scr は、血清クレアチニン のこと。

なので、数値を代入すると
Weight と 分子の 72 がちょうど約分されて
64/3 ≒ 21 となります。

すると確認した添付文書から
「1回50mg、1日1回」 が
初期投与量として適切である、とわかります。


処方は
プレガパリンカプセル 25mg 
1回 2 カプセル(1日2カプセル) 1日1回 です。

つまり
1回 50 mg 、1日1回であり
適切であるとわかります。


以上より、正解は 5 です。