問100-290291 解説





問290-291 
74歳女性。
糖尿病を患っており
在宅での治療のため
インスリン製剤の白己注射を行っていた。

本日、患者より
投薬を受けている薬局に電話があり
「昨日から下痢が続き
食事が普段の半分くらいしか摂れないため
主治医に連絡した
休診で連絡が取れないので
生活面でどのようにしたらよいか。」
との質問があった。


問290 (病態・薬物治療)
質問を受けた時点で
薬剤師が患者に確認するべき事項として
優先度の高いものはどれか。1つ選べ。

1 前回外来受診持の尿タンパク量
2 前回外来受診時の血糖値
3 前回外来受診時のHbAlc 値
4 直近の血糖自己測定値
5 肥満度



質問から
シックデイが疑われます。


シックデイとは
糖尿病患者の治療中における
熱・下痢・吐気などの体調不良のことです。
この時、血糖コントロールが難しくなります。

具体的には
病気に対するホルモン分泌で
治療に用いるインスリンの働きが抑制され
血糖値が上がったり
食事を取らない影響で
血糖が下がったりするため、コントロール不良の
おそれがあります。


よって、血糖コントロールの状況を
第一に確認しなければなりません。


以上より、確認すべき事項として
優先度が高いのは
直近の血糖自己測定値であると
考えられます。


正解は 4 です。



問291 (実務)
薬剤師は、患者宅を訪問して対応することとした。
患者の質問に対する
現状での回答内容として
適切なのはどれか。2つ選べ。

1 食事が摂れなくても
インスリン製剤の使用は続ける。

2 下痢をしていない時の
食事内容を続ける。

3 野菜スープなど
ミネラル分を合むものを中心に
水分摂取を心掛ける。

4 炭水化物の摂取は
下痢をしていない時の食事よりも少なくする。



選択肢 1 は、正しい選択肢です。
食事をどれぐらい摂っていないかや
用いている薬剤の種類により、シックデイの対応は異なるため
自己判断での中止・減量をしてはいけません。



選択肢 2 ですが
食欲がなくても、絶食はせず
消化がよく、食べやすいもので
いつもの摂取カロリーの維持に努めることが
推奨されます。


とはいえ、体調のよい時の食事内容を
あえて続ける必要はありません。


よって、選択肢 2 は誤りです。



選択肢 3 は、正しい選択肢です。



選択肢 4 ですが
炭水化物は、すぐにエネルギーとなり
減らす必要はありません。

また、摂取量が少ないと、脂肪がエネルギー源として
用いられることにより、ケトアシドーシスにつながる
危険性があります。

そのため、炭水化物の摂取を、いつもより
少なくする、というのは適切ではありません。


よって、選択肢 4 は誤りです。



以上より、正解は 1,3 です。