問100-294 解説





294-295 
84歳女性。
女性の家族が
近所の保険薬局に処方せんを持参した。

最近になって
女性の記銘力低下(物忘れ)が気になり
脳神経外科を受診したとのことであった。

医師により
軽度のアルツハイマー型認知症と診断され
今回が初回投薬となった。
その処方内容は次の通りであった。

(処方1)
ドネペジル塩酸塩錠 5mg 
1回1錠(1日1錠)
1日1回 朝食後 7日分

(処方2)
レパミピド錠 100 mg 
1回1錠(1日3錠)
1日3回 報昼夕食後 7日分


問294 (実務)
薬剤師が
この処方せんを確認して調剤を行う場合
その対応として最も適切なのはどれか。
1つ選べ。

なお、ドネベジル塩酸塩錠は
3 mg、5 mg、10 mg 錠が
製品化されている。


1 ドネペジル塩酸塩錠は
3mg から開始するので
医師に疑義照会した。

2 ドネペジル塩酸塩錠は
5mg が維持量なので
問題はないと判断した。

3 ドネペジル塩酸塩錠は
初回負荷量として 10mg を投与するので
医師に疑義照会した。

4 ドネペジル塩酸塩錠と
レパミピド錠の併用は禁忌なので
医師に疑義照会した。

5 レパミピド錠は
神経系の副作用軽減を目的とすることを
説明した。



ドネペジルの初回投与量は
3mg です。

目的は、消化器系副作用の発現を抑えることです。
有効容量ではないため
原則として、1~2週間を超えて使用しないよう
注意が必要です。


本問症例では
初回投薬にもかかわらず
ドネペジル 5 mg が投与されています。
よって、疑義照会を行うことが
適切であると考えられます。


 
従って、正解は 1 です。



ちなみに、レバミピドは
消化器系副作用軽減を目的として
投与されています。