問100-295 解説





294-295 
84歳女性。
女性の家族が
近所の保険薬局に処方せんを持参した。

最近になって
女性の記銘力低下(物忘れ)が気になり
脳神経外科を受診したとのことであった。

医師により
軽度のアルツハイマー型認知症と診断され
今回が初回投薬となった。
その処方内容は次の通りであった。

(処方1)
ドネペジル塩酸塩錠 5mg 
1回1錠(1日1錠)
1日1回 朝食後 7日分

(処方2)
レパミピド錠 100 mg 
1回1錠(1日3錠)
1日3回 報昼夕食後 7日分


問295 (病態・薬物治療)
アルツハイマー型認知症の
病因・病態として、正しいのはどれか。2 つ選べ。

1 脳内コリン作動性神経系の
著しい亢進を認める。

2 前頭葉を中心として
全般的脳萎縮を認める。

3 アミロイド β オリゴマーが
神経細胞周囲に蓄積する。

4 大脳皮質を中心に
老人斑と神経原線維変化を認める。

5 中核症状として徘徊がある。



選択肢 1 ですが
アルツハイマー型認知症においては
コリン作動性神経の
著しい低下が認められます。
亢進では、ありません。


よって、選択肢 1 は誤りです。



選択肢 2 ですが
アルツハイマー型認知症では
主に側頭葉(海馬 を含む部位)や
頭頂葉を中心に脳萎縮が認められます。
前頭葉を中心としてでは、ありません。


よって、選択肢 2 は誤りです。



選択肢 3,4 は、正しい選択肢です。



選択肢 5 ですが
アルツハイマー型認知症の中核症状は
記憶障害、見当識障害などです。
徘徊では、ありません。

(ちなみに、見当識障害とは
現在の時刻や、自分の居場所の把握
等に関する障害です。)


よって、選択肢 5 は誤りです。



以上より、正解は 3,4 です。