問100-296297 解説





問296 - 297 
今回、病棟薬剤師として
初めて精神科病棟を担当することとなった。
こで
病棟において使用されている薬剤のうち
特に副作用に注意しなけばならない薬剤を
リストアップすることにした。


問296 (実務)
以下の薬剤の中で
緊急安全性情報が発出された薬剤の
副作用発現を調べるため
血液の検査を行う必要のあるものはどれか。
2 つ選べ。

1 セルトラリン塩酸塩錠
2 オランザピン錠
3 ミルタザピン錠
4 リスペリドン錠
5 クエチアピンフマル酸塩錠


問297 (病態・薬物治療)
この副作用はどれか。1つ選べ。

1 肝機能障害
2 高血糖
3 高カリウム血症
4 腎機能障害
5 横紋筋融解症



問296 の選択肢の薬剤の中で
緊急安全性情報が発出された薬剤は
オランザピン(ジプレキサ®) 及び
クエチアピンフマル酸塩錠(セロクエル®) です。
(それぞれ 2002 4/17, 2002 11/7 です。)


そして、その副作用とは
血糖値上昇です。


以上より
問296 の正解は 2,5 です。
問297の正解は 2 です。