問100-298299 解説




298-299 
64歳男性。

風邪気味のため近くの薬局を訪れ
薬剤師に一般用医薬品の相談をした。

男性が持参したお薬手l援には
以下の内容が記載されており
1 年以上継続して
服薬していることがわかった。

(お薬手帳)
年月日
平成 27 年 2 月10 日  

処方内容
夕ムスロシン塩酸塩カプセル 
0.2 mg 1回1カブセル
1 日 1 回 朝食後 14日分

テプレノンカプセル50mg 
1 回 1 カプセル
1日3回 毎食後 14日分
霞が関内科医院 厚生太郎


問298 (実務)
男性の症状を聴取したところ
喉がイガイガして痰のからむ咳があるが
鼻水、発熱および頭痛はないとのことであった。

薬剤師は
以下の成分を含む一般用医薬品の中から
この男性に適した薬剤を推奨することにした。
推奨する一般用医薬品の成分として
適切なのはどれか。
2つ選べ。

1 Lーカルボシステイン
ブロムヘキシン塩酸塩

2 アセトアミノフェン
エテンザミド

3 デキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物
リゾチーム塩酸塩

4 ジメモルファンリン酸塩
ブロムヘキシン塩酸塩
d-クロルフェニラミンマレイン酸塩

5 イブプロフェン
アリルイソプロピルアセチル尿素


299 (病態・薬物治療)
この患者に対して適切でないと
判断された一般用医薬品について
その理由にあてはまるのはどれか。
2つ選べ。

1 症状を改善させる成分が含まれていない。

2 現在使用中の薬物により代謝が阻害され
QT 延長を引き起こす成分が含まれている。

3 排尿筋を弛緩させ
排尿困難を悪化させる成分が含まれている。

4 腺細胞を増殖させ
排尿困難を悪化させる成分が含まれている。

5 尿道括約筋を弛緩させ
排尿困難を悪化させる成分が合まれている。



問298 の選択肢 1 は、適切です。
カルボシステインや
ブロムヘキシンは、痰を切る成分です。
本問の男性に適しています。



選択肢 2 ですが
アセトアミノフェンや
エテンザミドは、解熱鎮痛薬です。
発熱、頭痛の見られない
本問の男性には、適しません。


よって、選択肢 2 は誤りです。



選択肢 3 は、正しい選択肢です。
デキストロメトルファンは
非麻薬性鎮咳薬です。
リゾチームは去痰薬です。
本問の男性に適しています。



選択肢 4 ですが
ジメモルファンは、非麻薬性鎮咳薬です。
ブロムヘキシンは、痰を切る成分です。
d -クロルフェニラミンマレイン酸塩は
くしゃみ、鼻水などを抑える抗ヒスタミン薬です。

鼻水がない本問の男性には不要な成分が
含まれています。

また、タムスロシン(選択的 α 1 遮断薬)を
服用していることから
前立腺肥大症による排尿障害の治療中と
推測されます。

従って
抗ヒスタミン薬により排尿筋の弛緩が生じ
それに伴う尿閉のおそれがあり
本問の男性には、適さないと考えられます。



選択肢 5 ですが
イブプロフェンは、解熱鎮痛薬です。
アリルイソプロピルアセチル尿素は
鎮静成分の一種です。鎮痛目的で配合されます。

発熱、頭痛の見られない
本問の男性には、適しません。



以上より、問298 の正解は 1,3 です



また
解説中にあった理由より
問299 の正解は 1,3 です。