問100-301 解説





問300-301 
54歳女性。
数年前から関節リウマチを患い
整形外科でメトトレキサートカプセルによる
治療を受けていた。

患者が処方せんを薬局に持参した際
「今までの薬だけでは改善しないので
次回から飲み薬に加えて
点滴する薬を新しく追加すると
医師から言われた。」
と薬剤師に話した。


問300 (病態・薬物治療) ※不適切問題として削除された。
この患者に新しく追加される点滴薬として
考えられるのはどれか。2つ選べ。

1 オマリズマブ
2 アダリムマブ
3 リツキシマブ
4 インフリキシマブ
5 セツキシマブ

解なし。



問301 (実務)
この患者から
「その点滴する薬を使用する前に
検査をして確認することがあると
医師に言われたが
何を検査するのか。」と質問された。

対応した薬剤師の回答として
適切なのはどれか。
2つ選べ。

1 リウマトイド因子
2 胸部レントゲン
3 血糖値
4 ヘモグロビン値
5 ツベルクリン反応



問300の中に、関節リウマチに対する
点滴静脈投与される薬が
インフリキシマブのみであるため

本問で点滴する薬としては
インフリキシマブであるとして、以下解説します。


インフリキシマブの投与により
結核、敗血症などの重篤な感染症の悪化が
副作用として報告されています。

インフリキシマブ投与に先立ち
結核に関する十分な問診、及び
胸部レントゲン検査 に加え

ツベルクリン反応などを行い
さらに適宜、胸部CT等を行うことで
結核感染の有無を確認するよう
警告されています。


以上より、検査するものとして適切なものは
胸部レントゲンと、ツベルクリン反応です。


正解は 2,5 です。