問100-302303 解説





問302-303
地区の小学校の校長から
担当の学校薬剤師に連絡があり
「適切な手洗い方法を児童に指導して欲しい」
との依頼があった。


問302 (実務)
学校薬剤師は小学校を訪れて
児童に手洗いの指導を行った。

手洗いが不充分になりやすく
指導の優先度が高い部位は以下のどれか。
2つ選べ。


1 指先
2 手の甲
3 手のひら
4 指の付け根の間



手のひらや手の甲は意識しなくても
ごしごし洗います。


指先や、指の付け根の間 が
手洗いが不充分になりやすい部位です。



正解は 1,4 です。



問303 (病態・薬物治療)
手洗いが、感染防止に有効である
可能性の高い感染症はどれか。
2つ選べ。

1 C型肝炎
2 デング熱
3 インフルエンザ
4 日本脳炎
5 O - 157 感染症


選択肢 1 ですが
C 型肝炎の原因は、C 型肝炎ウイルスです。
感染している人の血液が、他の人の血液内に入ることにより
感染します。


手洗いでは
血液の体内への侵入を防止するのに
有効とは、いえません。


よって、選択肢 1 は誤りです。



選択肢 2 ですが
デング熱は、蚊によって媒介される感染症です。

手洗いでは
蚊による感染を防止するのに
有効とは、いえません。


よって、選択肢 2 は誤りです。



選択肢 3 は、正しい選択肢です。
手に付着したウイルスを除去することで
感染防止が期待されます。



選択肢 4 ですが
日本脳炎は、蚊によって媒介される感染症です。

手洗いでは
蚊による感染を防止するのに
有効とは、いえません。


よって、選択肢 4 は誤りです。



選択肢 5 は、正しい選択肢です。
手に付着した大腸菌を除去することで
感染防止が期待されます。



以上より、正解は 3,5 です。