問100-304305 解説





問304-305
25歳女性。
急性骨髄性白血病に対して
同種造血幹細胞移植術が施行された。

ある時期から
38℃以上の発熱が10日間以上続き
肺右下葉の気管支肺胞洗浄液の
所見に基づいて
侵襲性肺アスペルギルス症と診断された。

なお、この診断がなされた時点での
患者のクレアチニンクリアランス値は
20.5 mL / min であった。


問304 (病態@薬物治療)
肺アスペルギルス症に関する記述として
正しいのはどれか。2 つ選べ。

1 好中球減少症患者で
発症しやすい。

2 温泉や24時間入浴機器の使用が
感染源となりやすい。

3 空調機器等を介した院内感染に
注意が必要である。

4 グラム陰性桿菌の
感染症である。

5 血中(1,3)-β-D-グルカン濃度が
低下する。


問304 解説

選択肢 1 は、正しい選択肢です。
肺アスペルギルス症は、日和見感染症の一種です。
健康な人では、まず発症しません。


選択肢 2 ですが
この記述は、レジオネラ菌に関するものと考えられます。
肺アスペルギルス症の感染源であるアスペルギルスは
ほこりの中など、どこにでもいます。
特に温泉などが感染源となりやすい、ということはありません。


よって、選択肢 2 は誤りです。



選択肢 3 は、正しい選択肢です。



選択肢 4 ですが
真菌細胞は、グラム陽性に染まります。
アスペルギルスは、真菌(カビの一種)です。
従って、グラム陰性ではありません。


よって、選択肢 4 は誤りです。



選択肢 5 ですが
(1,3) - β - D - グルカン は、真菌細胞の
主要構成成分です。
感染により、濃度が増加します。低下では、ありません。


よって、選択肢 5 は誤りです。



以上より、正解は 1,3 です。



問305 (実務)
この患者に対して
イトラコナゾール注射剤は使用できないと
病棟薬剤師は判断した。

その理由として、正しいのはどれか。
1つ選べ。

なお、イトラコナゾール注射剤には
1% イトラコナゾールの他に
添加剤として
ヒドロキシプロピル-β-シクロデキストリン
ブロピレングリコール、塩酸を含む。

1 イトラコナゾールが
アスペルギルス症に対して無効であるため

2 イトラコナゾールが
腎排世型薬物であるため

3 イトラコナゾールが
肺に移行しないため

4 添加物が
腎機能を低下させるため

5 添加物が
造血幹細胞の増殖を抑制するため

6 添加物に催奇形性があるため



添付文書によれば
添加剤である、ヒドロキシプロピル-β-シクロデキストリンが
腎機能を低下させるためです。
ちなみに、この添加剤は、可溶化のために加えられています。



従って、正解は 4 です。