問101-41 解説


問41 
消化管からの吸収率が最も高い薬物はどれか。
1つ選べ。

1 インスリン
2 ゲンタマイシン
3 スキサメトニウム
4 セファレキシン
5 バンコマイシン


本問は
消化管からの吸収率について
知っているか、ではなく

各薬剤についての
基本的知識を基に
各選択肢について考察することが
期待されていると考えられます。


選択肢 1 ですが
インスリンは、ペプチドホルモンです。
そのため、消化管では分解されます。
吸収率は低いと考えられます。

また
インスリンは注射剤で
見慣れていると思います。

注射である理由としては
経口では吸収が悪いからであろう
と考えることもできます。



選択肢 2 ですが 
ゲンタマイシンは アミノグリコシド系抗生物質です。 
アミノグリコシド系なので 吸収は悪いと考えられます。 

(知識として、アミノグリコシド系が 
消化管吸収が悪い と思い出せなかった場合は 
あくまでもその場での推測で
 「アミノ酸+糖 なので 経口では分解されそう」 
→吸収率低そう と考えても
よいのでは ないかと思います。)


選択肢 3 ですが
スキサメトニウムは
四級アンモニウムの筋弛緩薬です。
イオンなので、細胞膜を通過せず
吸収されないだろうと考えられます。



選択肢 4 ですが
セファレキシンは
経口第一世代セフェム系抗生物質です。

セフェム系薬は
ケフラール、フロモックス、メイアクトなど
錠剤や粉を見慣れていると思います。

これらは、経口で用いられているため
吸収率は低くはないと考えられます。



選択肢 5 ですが バンコマイシンは 
グリコペプチド系抗菌薬です。
 グリコペプチド系なので 吸収は悪いと考えられます。 

(選択肢 2 と同様に 
知識としてグリコペプチド系が 
消化管吸収が悪い と思い出せなかった場合は 
あくまでもその場での推測で 
「ペプチド+糖 なので 経口では分解されそう」 
→吸収率低そう と考えても
よいのでは ないかと思います。)



以上より、正解は 4 です。