問100-56 解説





問56
肝障害により
血清 AST 値が上昇する機構として
正しいのはどれか。
1つ選べ。


1 AST の胆汁排泄が低下する。

2 肝臓における AST の代謝が低下する。

3 AST の肝細胞への取り込みが低下する。

4 肝細胞内の AST が血中に放出される。

5 肝臓における AST の生合成が亢進する。



AST は
肝細胞などに多く存在しています。

肝障害により
血清 AST 値が上昇するのは

肝障害により、肝細胞が破壊され
細胞内に存在していた AST が
血中に漏れ出すためです。



以上より、正解は 4 です。



ちなみに
本来細胞内に存在する酵素が
血中に流出したものを、逸脱酵素と呼びます。