問100-57 解説





問57 
高度な徐脈を認める高血圧症患者
(但し、他に合併症、臓器障害を有さない)
に対して
使用すべきでない降圧薬はどれか。
1つ選べ。


1 リシノプリル水和物
2 アムロジピンベシル酸塩
3 アテノロール
4 トリクロルメチアジド
5 オルメサルタンメドキソミル



選択肢 1 ですが
リシノプリルは、ACE 阻害薬です。
咳や浮腫が主な副作用です。
妊婦禁忌の薬です。

徐脈を認める高血圧患者に対し
使用すべきでないとは、いえないと考えられます。


選択肢 1 は、誤りです。



選択肢 2 ですが
アムロジピンは、ジヒドロピリジン系 Ca 拮抗薬です。
顔面紅潮、歯肉増生などが主な副作用です。

ジルチアゼムなどの
非ジヒドロピリジン系 に分類される
Ca 拮抗薬では
心抑制のため、高度の徐脈に対して禁忌です。

しかし、アムロジピンなどの
ジヒドロピリジン系 Ca 拮抗薬は
血管選択性が高く
むしろ強力な降圧に伴う、頻脈傾向が
見られることがしばしばあります。

以上より、徐脈を認める高血圧患者に対し
使用すべきでないとは、いえないと考えられます。


選択肢 2 は、誤りです。


選択肢 3 は、正しい記述です。
アテノロールは、β 遮断薬です。
主な副作用は
徐脈、喘息発作、心不全の増悪 などです。

高度な徐脈がさらに悪化するおそれがあり
使用すべきでは、ありません。


選択肢 4 ですが
トリクロルメチアジドは、サイアザイド系利尿薬です。
低 Na ,低 K 血症 などが、主な副作用です。

徐脈を認める高血圧患者に対し
使用すべきでないとは、いえないと考えられます。


選択肢 4 は、誤りです。



選択肢 5 ですが
オルメサルタンは、AT1 受容体拮抗薬です。
比較的副作用の少ない薬です。

徐脈を認める高血圧患者に対し
使用すべきでないとは、いえないと考えられます。


選択肢 5 は誤りです。



以上より、正解は 3 です。




参考)
(代表的な高血圧治療薬)