問100-59 解説





問59 
子宮体がんに関する記述のうち
正しいのはどれか。1つ選べ。

1 子宮筋層に発生する。
2 ヒトパピローマウイルスが原因である。
3 若年者に高頻度に発症する。
4 発症にエストロゲンが関与している。
5 不正性器出血はまれである。



選択肢 1 ですが
子宮体がんは、腺がんの一種です。
子宮内膜から発生します。
子宮筋層では、ありません。


よって、選択肢 1 は誤りです。



選択肢 2 ですが
ヒトパピローマウイルスが原因であるのは
子宮頸がんです。
子宮体がんでは、ありません。


よって、選択肢 2 は誤りです。



選択肢 3 ですが
子宮体がんのピークは、5~60代です。
若年者に高頻度では、ありません。


よって、選択肢 3 は誤りです。



選択肢 4 は、正しい記述です。



選択肢 5 ですが
子宮体がんの初期症状として
不正性器出血が高頻度で見られます。
まれでは、ありません。


よって、選択肢 5 は誤りです。



以上より、正解は 4 です。




(前立腺癌、異常妊娠、異常分娩、不妊、子宮癌、子宮内膜症の概説)