問100-60 解説





問60 
慢性閉塞性肺疾患に関する記述のうち
誤っているのはどれか。
1つ選べ。

1 喫煙が主な原因である。

2 右心不全によって悪化する。

3 病期・重症度は、肺活量により評価する。

4 増悪予防のため
インフルエンザワクチンの接種が推奨される。

5 抗コリン薬の吸入が有効である。



慢性閉塞性肺疾患
(COPD:Chronic Obstructive Pulmonary Disease)とは
肺気腫及び慢性気管支炎の総称です。


選択肢 1,2,4,5 は、その通りの記述です。


選択肢 2 について、以下で補足します。
COPDにより、酸素が十分に肺に送られなくなると
ガス交換効率の悪い肺胞への血流の低下が
見られます。

肺への血流が悪化すると
フォローしなきゃということで
肺へ血液を送り出している
心臓、右側の、心室 が負担増となります。

したがって
右心不全が起きる ということになります。

心不全が起きると
呼吸困難が進行したりと、症状が悪化します。



選択肢 3 ですが
肺活量ではなく、1秒率で評価します。

1秒率(FEV 1%)とは
1秒量(1秒で吐き出せる息の量)を
努力肺活量(時間を気にせず、思いっきり吸って、吐いた息の量)
で割った値のことです。



以上より、正解は 3 です。



参考)COPD-jp.com 
(COPDに関する総合情報サイト です。)


----- 以下 雑感 ------
ちなみにですが
COPDに関しては、何よりもまず禁煙 という点に始まり

理学療法的な呼吸リハビリテーションや
栄養学的な栄養管理など、幅広い治療を組み合わせることで
病気の進行を遅らせるとともに
自覚症状を軽くすることができます。

このような知見と、患者さんの橋渡しをうまく行うためにも
情報源や資料をいかにして業務に活用していくか
といった点に思いを馳せつつ
勉強や実習などに取り組むと
充実した時間が過ごせるのではないか と感じます。
----- 以上 雑感 ------