問100-61 解説





61 
頭蓋内圧亢進の状態において
見られる病態・症状として
誤っているのはどれか。
1つ選べ。

1 頭痛
2 うっ血乳頭
3 嘔吐
4 脳ヘルニア
5 回転性めまい



選択肢 1,2,3,4 は、正しい記述です。
以下、それぞれの選択肢について補足します。



選択肢 1 は、理由は様々ですが
頭蓋の内圧が亢進する
→頭が圧迫されるから頭痛を感じる 
という連想から正しい と
考えることができるのではないでしょうか。



選択肢 2 ですが
うっ血乳頭とは
眼底にある、視神経乳頭のむくみのことです。
眼底検査でわかります。

頭蓋内圧亢進の徴候として
よく知られています。



選択肢 3 ですが
頭蓋内圧亢進
→嘔吐中枢が、圧迫により刺激される
などの理由により、嘔吐が見られます。



選択肢 4 ですが
頭蓋内圧亢進
→圧が低い所へと、中の物(脳)が移動
という現象が、脳ヘルニアです。
頭蓋内圧亢進に伴う病態です。

ちなみに、ヘルニア とは
組織が押し出されること を意味します。



選択肢 5 ですが
回転性めまいの多くは
前庭神経や、三半規管の異常が原因です。

頭蓋内圧亢進の状態として
見られる病態・症状としては
誤りであると考えられます。



以上より、正解は 5 です。