問100-63 解説





63 
ヒトヘルペスウイルスおよび
その感染症に関する記述のうち
誤っているのはどれか。
1つ選べ。

1 感染症状が消失していれば
ウイルスも体内から消失している。

2 水痘と帯状癌疹の原因ウイルスは
同じ型である。

3 DNAウイルスである。

4 突発性発疹を引き起こす。

5 口唇に水疱や潰瘍を引き起こす。



選択肢 1 ですが
ヘルペスウイルスは、感染していても
普段は症状が出ない人も多いウイルスです。
つまり、感染症状が消失しているからといって
ウイルスも消失しているとは、いえません。


よって、選択肢 1 は誤りです。



選択肢 2 ~ 5 は、その通りの記述です。



以上より、正解は 1 です。



以下、補足

ヘルペスウイルスについては
・代表的な DNA ウイルスであること。
・8個型があること。
    →1型、2型が「単純ヘルペスウイルス」であること
    5型の別名が、サイトメガロウイルス であること
    8型がAIDS合併症として知られている
    カポジ肉腫に関連しているウイルスであること

をまず意識して覚えておいて
後は問題ごとに関連知識を増やしていくと
試験で思い出しやすいかもしれません。

以上、補足。