問100-64 解説





64 
結核に関する記述のうち
正しいのはどれか。
1つ選べ。

1 2週間以上持続する高熱が主訴である。

2 肺に限定した疾患である。

3 ツベルクリン反応検査は
I 型アレルギー反応を利用している。

4 初感染経路は飛沫による経気道感染である。

5 病変は、血行性に広がる様式はとらない。



選択肢 1 ですが
結核では、無症状であったり
風邪と勘違いするような微熱が症状として
出ることが多いです。

2 週間以上持続する高熱は
結核に関する記述として
適当ではないと考えられます。


よって、選択肢 1 は誤りです。



選択肢 2 ですが
肺以外の臓器が冒されることもあります。
菌が血液の中に入り
全身に広がることもあります。


よって、選択肢 2 は誤りです。



選択肢 3 ですが
I 型アレルギー反応とは
IgE が関与することで引き起こされるアレルギーです。
即時型アレルギーとも呼ばれます。

代表的な疾患としては
気管支喘息などがあります。


ツベルクリン反応は
Th1細胞が関与する、Ⅳ型アレルギーです。


よって、選択肢 3 は誤りです。



選択肢 4 は、正しい記述です。



選択肢 5 ですが
菌が血液の中に入り
全身に広がることもあります。


よって、選択肢 5 は誤りです。



以上より、正解は 4 です。



以下補足-試験テクニックとして-

ちなみに、本問において
選択肢 2 と 5 に関しては、自信を持ってわからなくても

もしも 2 が正解だと
肺に限定した疾患だったら
血行性に広がる様式はないだろう、ということで
5 も正解になってしまいます。

また、 5 が正解だとすると
結核といえば肺だから
2 も正解ではないか?と考えられます。

このように推理することで、2 及び 5 は
正解の候補から外すことができると考えられます。

選択肢から、少しでも正答の確率を
あげることができるよう
ぜひ参考にしてみてもらえると嬉しいです。

以上補足。