問100-69 解説





問69
二重盲検試験における「盲検」の説明として
正しいのはどれか。
1つ選べ。

1 被験者の背景情報がわからない状態で
処置群と対照群に割り付けること

2 被験者を処置群と対照群に
無作為に割り付けること

3 前向き試験と後ろ向き試験を
それぞれ独立に行うこと

4 被験者に
エンドポイントを知らせずに試験を行うこと

5 処置群か対照群かがわからない状態で
試験をすること



盲検とは
使う薬や治療法などの性質を 知らない状態で
試験・研究を行う ということです。



選択肢 1 ですが
被験者の背景情報を知らない という意味では
ありません。


よって、選択肢 1 は誤りです。



選択肢 2 ですが
被験者の無作為割り付けは
ランダム化です。
盲検では、ありません。


よって、選択肢 2 は誤りです。



選択肢 3 ですが
前向き、後向きを独立に行うこと は
盲検とは関係ありません。


よって、選択肢 3 は誤りです。



選択肢 4 ですが
エンドポイントとは、降圧薬の試験であれば
「投与後1か月後の血圧」といったような
試験の評価ポイントのことです。
盲検とは、関係ありません。


よって、選択肢 4 は誤りです。



選択肢 5 は、正しい記述です。

処置群というのは、新薬を用いてみる患者群 などです。
対照群というのは、比較する薬を用いてみる患者群 などです。

使う薬や治療法がわからない状態で試験を行う ということは
目の前の人が処置群か対照群かがわからない状態で
試験を行う ということになります。


以上より、正解は 5 です。