問100-70 解説




問70
ヒト上皮増殖因子受容体2型
(HER2)過剰発現が確認された
手術不能乳がん
治療に用いられる薬物はどれか。
1つ選べ。

1 エルロチニブ塩酸塩
2 ラパチニブトシル酸塩水和物
3 クリゾチニブ
4 スニチニブリンゴ酸塩
5 ゲフィチニブ


選択肢 1 ですが
エルロチニブ(®タルセバ)は
EGFR チロシンキナーゼ阻害薬の一種です。
肺がんや膵がんに用いられます。
手術不能乳がんの治療には、用いられません。


よって、選択肢 1 は誤りです。



選択肢 2 は、正しい選択肢です。
ちなみに、商品名は ®タイケルブ です。


選択肢 3 ですが
クリゾチニブ(®ザーコリ)は
ALK 融合タンパク質のチロシンキナーゼ阻害薬です。
非小細胞肺がんに用いられる薬です。
手術不能乳がんの治療には、用いられません。


よって、選択肢 3 は誤りです。



選択肢 4 ですが
スニチニブ(®スーテント)は
マルチキナーゼ阻害薬です。
腎臓がんなどに用いられる薬です。
手術不能乳がんの治療には、用いられません。


よって、選択肢 4 は誤りです。



選択肢 5 ですが
ゲフィチニブ(®イレッサ)は
EGFR チロシンキナーゼ阻害薬です。
非小細胞肺がんに用いられます。
手術不能乳がんの治療には、用いられません。


よって、選択肢 5 は誤りです。



以上より、正解は 2 です。