病態・薬物治療 (理論)





問181 
ぜん息患者が重積発作を起こし
チアノーゼの所見を認めた。
本症例のチアノーゼに関する記述のうち
誤っているのはどれか。つ選べ。

1 口唇粘膜が青紫色に変化している。

2 動脈血酸素分圧の低下を示している。

3 貧血がある場合に発現しやすい。

4 指の皮膚温の低下は見られない。

5 血中メトヘモグロビン量が増加している。





問182 
58歳男性。既往歴なし。
息切れ、胸痛等の自覚症状はなかったが
健康診断の胸部レントゲン検査で
心拡大を指摘されたため、近医を受診した。

心臓超音波検査で壁厚の異常は見られなかったが
心内腔が拡大し、全周性に壁運動が低下していた。

血圧138/82mmHg、脈拍数72/分、心電図上異常なし。
腎機能、肝機能異常なし。
血漿BNP 値は78pg/mL で軽度上昇していた。

本症例に対する第一選択薬として
薬剤師が推奨すべき薬物はどれか。 2 つ選べ。

1 アミオダロン塩酸塩
2 ドブタミン塩酸塩
3 エナラプリルマレイン酸塩
4 ピモべンダン
5 ビソプロロールフマル酸塩





問183 
悪性リンパ腫に関する記述のうち、正しいのはどれか。つ選べ。

1 通常、リンパ節腫大は見られない。

2 骨髄造血幹細胞が腫瘍化したものである。

3 B細胞性では、CHOP 療法とCD20に対する抗体療法の併用が有効である。

4 胃に限局した病変では、ヘリコバクター・ピロリ感染の検査が必要である。

5 T細胞に由来するものはない。





問184 
C 型慢性肝炎の治療に関する記述のうち
正しいのはどれか。2 つ選べ。

1 インターフェロン α、β、γ の
いずれも治療に用いられる。

2 ウイルスのジェノタイプにより
インターフェロン治療の有効性が異なる。

3 エンテカビル水和物の併用により
インターフェロン治療の有効性が向上する。

4 リバビリンは、単独治療で用いられる。

5 テラプレビルは、CYP3A 阻害作用を有する。





問185 
60歳男性、身長172cm、体重72kg。
10年前に2型糖尿病と診断され
経口血糖降下薬を内服していた。

血圧136/86mmHg、脈拍70/分。
血清カリウム値4.2mEq/L、血清クレアチニン値0.7mg/dL
空腹時血糖値126mg/dL、HbA1c7.4%(JDS)
血清総タンパク7.4g/dL、血清アルブミン4.0g/dL。
尿中アルブミン値(クレアチニン補正) 
1回目120mg/g、2回目80mg/g
(基準値30mg/g 未満)。

この症例に関する記述のうち
正しいのはどれか。1 つ選べ。

1 糖尿病の治療を行っても
腎機能の障害は改善しない。

2 降圧目標は140/90mmHg であり
本症例では達成されている。

3 尿細管障害がアルブミン尿の原因である。

4 タンパク尿のため、浮腫が出現している。

5 レニン-アンギオテンシン系の
活性を低下させることにより
腎障害の進行を抑制できる。





問186 
急性糸球体腎炎に関する記述のうち
正しいのはどれか。 2 つ選べ。

1 Ⅳ型アレルギーにより発症する。

2 B群溶血性連鎖球菌感染が、主な発症原因である。

3 糸球体濾過値の低下が見られる。

4 血尿を認める。

5 ループ利尿薬は禁忌である。





問187 
間質性肺炎に関する記述のうち
正しいのはどれか。2つ選べ。

1 肺胞隔壁を主な病変部位とする炎症性疾患である。

2 特発性と2次性に分類され
シアル化糖鎖抗原KL-6上昇は
特発性に特徴的である。

3 肺がんなどの放射線治療に合併することがある。

4 関節リウマチでは、ほとんどの患者で合併する。

5 特発性では、湿性咳が主な症状である。





問188 
原発性甲状腺機能低下症の
臨床所見はどれか。2つ選べ。

1 うつ状態
2 体重減少
3 血中甲状腺刺激ホルモン濃度低下
4 血清総コレステロール値上昇
5 動悸





問189 
高尿酸血症及び痛風に関する記述のうち
正しいのはどれか。2つ選べ。

1 高尿酸血症の病型としては
尿酸産生亢進型が多い。

2 食事療法として、プリン体の摂取を制限する。

3 痛風関節炎の極期には
コルヒチンが最も有効である。

4 尿路結石の予防のため、尿のアルカリ化を行う。

5 痛風発作時には、ただちに尿酸降下薬を用いる。





問190 
22歳女性。
5日前、晴天の日に友人とハイキングに行った後
39~ 40℃の発熱と関節痛が出現した。

2日前より顔面に蝶形紅斑を認めた。
医師により全身性エリテマトーデスを強く疑われた。
この疾患に特徴的な症状及び臨床検査所見は
どれか。 2 つ選べ。

1 末梢血好中球数が増加する。

2 関節の変形を示す。

3 日光過敏症状を示す。

4 抗dsDNA 抗体が上昇する。

5 抗内因子抗体が上昇する。





問191 
白内障とその治療に関する記述のうち
誤っているのはどれか。 1 つ選べ。

1 白内障は
眼球内の水晶体が混濁した状態をいう。

2 後天性白内障の一因に
副腎皮質ステロイド薬の副作用がある。

3 混濁した水晶体を
薬物療法で再び透明にすることは困難である。

4 白内障の初期に
毛様体細胞の膨化が認められる。

5 ピレノキシン点眼剤が、治療に用いられる。





問192 ※不適切問題 とされ、解なし。 
医薬品A~Eに関して、投与群と対照群の間で
イベントXの発症率を比較した論文を収集したところ
以下の情報が得られた。
なお、対照群はいずれも同じ標準薬を用いていた。

・Aは、Xの発症率を対照群の1/5に減少させた。
・Bを投与した被験者1,000名におけるXの発症者数は、25名であった。
・C投与群のX発症の相対危険度は、0.25であった。
・D投与群のX発症のオッズ比は、7/39であった。
・Eは、Xの発症率を10%低下させた。
・いずれの論文においても、対照群におけるXの発症率は12.5%であった。

以上の結果から、Xの発症を抑制する効果が
最も劣ると考えられるのはどれか。

1 A 
2 B 
3 C 
4 D 
5 E


問192 解説なし。不適切問題のため。



問193 
試験期間12ヶ月の臨床試験に参加した
5名の被験者の経過が、以下のようになった。

1名が2ヶ月後に死亡
1名が4ヶ月後に追跡不能となり打ち切り
1名が6ヶ月後に追跡不能となり打ち切り
1名が8ヶ月後に死亡
1名が12ヶ月後の試験終了時まで生存

カプラン-マイヤー法を用いて表した生存曲線として
正しいのはどれか。1つ選べ。






問194 
骨粗鬆症治療薬である
新薬Aの評価を行うため文献を収集した。

椎体骨折予防効果を既存薬 Y と比較した
無作為化二重盲検比較試験のデータが得られ
新薬Aによる予防効果が
大きいことが示されていた(図)。

この結果から得られる新薬Aの
治療必要数(NNT)が25であるとき
図の(ア) に入る数値として適切なのはどれか。1 つ選べ。


1 5
2 10
3 15
4 20
5 25





問195 
20 名の被験者において
CYP2D6 の遺伝子型を解析したところ
以下の結果が得られた。



この被験者集団における
CYP2D6 遺伝子の*10 アレルの頻度として
正しいのはどれか。1つ選べ。

なお、アレルの頻度とは
ある集団で、該当する遺伝子配座において
そのアレルが占める割合のことをいう。

1 15% 
2 40% 
3 50% 
4 60% 
5 65%