問100-185 解説





問185 
60歳男性、身長172cm、体重72kg。
10年前に2型糖尿病と診断され
経口血糖降下薬を内服していた。

血圧136/86mmHg、脈拍70/分。
血清カリウム値4.2mEq/L、血清クレアチニン値0.7mg/dL
空腹時血糖値126mg/dL、HbA1c7.4%(JDS)
血清総タンパク7.4g/dL、血清アルブミン4.0g/dL。
尿中アルブミン値(クレアチニン補正) 
1回目120mg/g、2回目80mg/g
(基準値30mg/g 未満)。

この症例に関する記述のうち
正しいのはどれか。1 つ選べ。

1 糖尿病の治療を行っても
腎機能の障害は改善しない。

2 降圧目標は140/90mmHg であり
本症例では達成されている。

3 尿細管障害がアルブミン尿の原因である。

4 タンパク尿のため、浮腫が出現している。

5 レニン-アンギオテンシン系の
活性を低下させることにより
腎障害の進行を抑制できる。



選択肢 1 ですが
治療により、元の正常な状態に
回復させる事は困難です。
しかし、腎機能改善を図ることは可能です。
「機能の障害を改善しない」は、言い過ぎです。


よって、選択肢 1 は誤りです。



選択肢 2 ですが
糖尿病を合併した高血圧の降圧目標は
130/80 未満です。

いわゆる厳格管理が推奨されています。
国際的には、管理の緩和の流れにありますが
脳卒中発生率が高い等の日本の特徴をふまえての
目標設定となっています。(100 回国試時点。)


よって、選択肢 2 は誤りです。



選択肢 3 ですが
尿中アルブミンの原因は
糸球体内圧上昇や、糸球体毛細血管の内皮障害などです。
尿細管障害では、ありません。


よって、選択肢 3 は誤りです。



選択肢 4 ですが
本問の症例に関する情報からは、浮腫が出現しているかどうか
読み取ることはできず、誤りであると考えられます。

具体的には
血清アルブミンもそれほど低くなっておらず
(基準値の目安 4.0 ~ 5.0。浮腫は 2.5 以下が目安。)
総タンパク質もそれほど低くなっていない
(基準値の目安 6.5 ~ 8.0。浮腫は、6.0 以下。)
ことから判断できると思われます。


よって、選択肢 4 は誤りです。



選択肢 5 は、正しい選択肢です。



以上より、正解は 5 です。