問100-76 解説





76 
次の薬物のうち
他の薬物との相互作用が原因となった
薬害事象を引き起こしたのはどれか。
1つ選べ。

1 サリドマイド
2 クロロキン
3 キノホルム
4 ソリブジン
5 アミノピリン



選択肢 1 ですが
サリドマイドは、睡眠薬として用いられたが
催奇形性があり、アザラシ肢症を引き起こした薬です。
他の薬物との相互作用が原因では、ありませんでした。


よって、選択肢 1 は誤りです。


ちなみに
近年、多発性骨髄腫の治療薬として認可されるなど
再評価されつつある薬でもあります。



選択肢 2 ですが
クロロキンは、抗マラリア薬の一つです。
クロロキン網膜症という副作用が報告され
使用中止になりました。
他の薬物との相互作用が原因では、ありませんでした。


よって、選択肢 2 は誤りです。


ちなみに、全身性エリテマトーデスなどの治療に
用いられることが、日本以外において見られます。


選択肢 3 ですが
キノホルムは整腸剤として用いられました。
スモンを引き起こした薬です。
他の薬物との相互作用が原因では、ありませんでした。


よって、選択肢 3 は誤りです。


ちなみに、キノホルムは
アルツハイマー病の有効薬としての可能性から
再評価されつつある薬でもあります。

さらに、キノホルムによるスモン薬害は
医薬品副作用被害救済制度発足の
直接の契機となった事案でもあります。


選択肢 4 は、正しい選択肢です。
5-FU との相互作用により
重篤な副作用が生じた薬学事例です。



選択肢 5 ですが
アミノピリンは、鎮痛、解熱作用を有し
かつてアンプル入りかぜ薬の成分として用いられました。

アミノピリンを含むアンプル入りのかぜ薬が原因で
薬害が発生したことがあります。
他の薬物との相互作用が原因では、ありませんでした。


よって、選択肢 5 は誤りです。



以上より、正解は 4 です。