問100-79 解説





79
医薬分業率(%) を表す計算式はどれか。
1つ選べ。




医薬分業率とは
医療機関における処方せん発行件数のうち
薬局への処方せん(院外処方)の占める割合
のことです。

ちなみに、処方せんを患者に発行せず
お薬を渡すのは、院内処方です。



選択肢 1,2 ですが 
分母である「外来患者数」に注目すると
外来患者の中には、薬をもらわずに帰る人もいるはずなので
分母として、不適切であると考えられます。



選択肢 3 は、正しい選択肢です。



選択肢 4 ですが
医薬分業率を考える時に
入院処方については考えません。
入院している場合は、当然院内処方であるからです。



選択肢 5 ですが

極端な例として、100医療機関があり
1医療機関(すごく大きい医療機関とする)が
処方せんを10000 枚、全て院内処方。

残りの99医療機関が
処方せんを990枚(各 10 枚)うけとっていて
全て院外処方。

この場合に
医薬分業率が 99 % となるけれど
ほとんどの処方せん(90 % 以上)は院内処方
ということになってしまい
不適切な式であると考えられます。



以上より、正解は 3 です。