問100-142 解説





問142 
医薬品医療機器等法(旧称:薬事法)で
規制される指定薬物に
関する記述のう
正しいのはどれか。1つ選べ。

1 指定薬物を合有する植物は
すべて指定薬物として規制される。

2 指定薬物の製造、販売等が認められる
「医療等の用途」とは
疾病の診断、治
又は予防の用途及び
犯罪鑑識の用途のみである。

3 指定薬物の広告に関する規制はない。

4 厚生労働大臣は
医薬品医療機器等法(旧称:薬事法)の
規定に違反して販売された指定薬物を
薬事監視員に回収させることができる。

5 医薬品医療機器等法(旧称:薬事法)の
規定に違反して
指定薬物を販売した者に対する罰則は
罰金のみである。


選択肢 1 ですが
指定薬物を含有する物は指定薬物とされますが
元来指定薬物を含有する植物については
法の規制の対象外となっています。


よって、選択肢 1 は誤りです。



選択肢 2 ですが
「医療等の用途」には
国の機関などによる学術研究 又は試験検査の用途
が含まれます。

他にも、物質によっては
化学反応に用いる用途 が認められています。

さらに、厚生労働大臣が認めた
人の身体に対する危害発生のおそれがないと
認めた用途 を含みます。
選択肢にあげた用途のみでは、ありません。


よって、選択肢 2 は誤りです。



選択肢 3 ですが
指定薬物に関して、広告等は禁止されています。
さらに、広告中止命令を行うことができるなどの
規制があります。


よって、選択肢 3 は誤りです。


以下 雑感 -----

H26年の、旧薬事法一部改正により
指定薬物のみならず
「同等以上に精神毒性を有する蓋然性が
高い物である疑いがある物品」についても
広告等が禁止される 等
危険ドラッグ問題に関して 法改正が順次行われています。

薬学に関する知識が立法に活用されることにより
適切な規制を実現できる法体系が構築される過程に
そして、その過程を職務として担っている人達に
敬意を払わずにはいられません。

このような立法を含めた政策立案に
薬学の専門的知識を活用するという事例に
興味・関心を覚える人は

国家公務員などの職も
進路の一つとして考えてみるとよいのではないか と
個人的に感じます。

そして、法規の勉強がそのようなきっかけとなるならば
とても有意義だなぁと思います。

以上、雑感 -----



選択肢 4 は、正しい選択肢です。


ちなみに、薬事監視員とは
薬務課や保健所に所属する、
薬事法に規定された指導などを行う、
任命された公務員のことです。



選択肢 5 ですが
指定薬物の販売に対する罰則は
罰金だけでなく、懲役もあります。

ちなみに、指定薬物は所持や使用
さらには購入についても、取り締まりの対象となっており
それらの罰則も、罰金だけでなく、懲役もあります。


よって、選択肢 5 は誤りです。




以上より、正解は 4 です。