問100-145 解説





問145 
「医薬品◯◯」は
製薬企業 B が製造販売承認を得て
製造所 A が製造する一般用医薬品である。
下図は 「医薬品◯◯」の販売の流れを示している。

「医薬品◯◯」を販売するにあたり
医薬品の販売業の許可を得る必要があるものとして
正しいのはどれか。
1 つ選べ。



1 A ~ E のすべて
2 A ~ D のみ
3 C と D と E のみ
4 C とD のみ
5 D と E のみ
6 D のみ



一般用医薬品なので
ドラッグストアで売っている
アリナミンA錠などを考えると
イメージしやすいと思います。


製薬企業としては、武田製薬
卸企業としては、アルフレッサ
薬店としては、マツモトキヨシ、薬局としては、日本調剤
などをイメージするとよいと思います。


医薬品の販売業は
大きく 4 つに区分されます。
薬局(E)と、それ以外の3つ
(卸売販売業(C)
店舗販売業(D)
配置販売業(本問では、なし))です。

薬局では
一般用医薬品の取り扱いは、許可なく行えます。
ただし、販売・授与のために、文書の提出は必要です。

それ以外の販売業の形態では
販売業の許可が必要となります。


従って
Dは、含まれ、E は、含みません。
これで、正解は 2,4 に絞られます。


一方で
A(メーカー) → B(製造販売業) や
B(製造販売業) → C(卸業者) 間の販売において
販売許可は、不要です。


よって、正解は 4 です。