問100-149 解説





問149 
50歳男性。
半年前に胃潰療と高血圧を指摘され
現在は、カルシウム拮抗薬を服用している。
本日の診察で糖尿病を指摘され
αーグルコシダーゼ阻害薬が処方された。

処方せんを持って保険薬局を訪ねたところ
薬剤師から症状について質問されたため
男性は
「胃潰療も治り、血圧も下がっています。
血糖値は高いのですが、症状は何もありません。
それなのにまた薬が追加になって
がっかりしています。」
と答えた。

この患者の気持ちに対する
共感的な発言として、最も適切なのはどれか。
1つ選べ。


1 「私も同じような経験があります。
心配ないですよ。」

2 「胃潰蕩と高血圧に加えて
糖尿病までかかられて、お気の毒です。」

3 「症状がないのに薬が追加されて
がっかりされているのですね。」

4 「薬を飲めば血糖値が下がりますから
がっかりする必要はありません。」

5 「なぜ、がっかりとした気持ちに
なったのでしょうか。」


共感的な発言 ということは
「あなたの気持ちを理解しています」という発言であり
具体的な手法としては
心情などが現れている発言をとらえ、繰り返すことにより
共感を示す という技法があります。


本問において
患者さんの心情が現れている部分とは
「それなのに、薬が追加されて、がっかりしています」
であると考えられます。


従って、その部分が
それまでの文脈をふまえ、まとめた上で
繰り返されている
選択肢 3 が正解であると考えられます。


以上より、正解は 3 です。



以下 雑感 ------

本問は、ペーパーテストとして出題されると
正直、なんて簡単なんだと思いました。

しかし、実務の場において
複数の作業に追われながら、職員とのやり取りも並行しつつ
目の前の患者さんに対して、このような態度を
取ることを心がけている薬剤師が
いったいどれぐらいいるものか。

ましてや、実際に行動に移すことができているのは
いかほどかと、疑問を覚えるのも事実です。

こういった問が、資格試験の一角を占めている ということは
大きな意義があるのではないかと、個人的には思います。

以上 雑感 -----