問100-150 解説





問150 
65歳女性。
検査目的で入院中であったが
本日、医師から膵臓がんの診断を告げられた。

病棟の担当薬剤師が
患者の様子を把握するために
病室を訪問したとこ

患者は笑顔で
「こうなったのは運命ですから、仕方ないです。
覚悟はできていますから、心配しないでください。」
と話した。

薬剤師はこの患者のふるまいは
「防衛機制」によるものと感じた。

防衛機制についての説明として
適切なのはどれか。1つ選べ。



1 心の安定を保つために
無意識に不安や苦痛を回避しようとする反応のこと

2 自らの可能性を実現して自分の使命を達成し
人格内の一致をはかること

3 良好な関係を構築するために
相手の心理状態をできるだけ正確に理解するこ

4 様々な外的刺激が加わった時に生じる
生体のゆがみのこと

5 病気になったことで
今まで当然のように行ってきたことが
できなくなること



選択肢 1 は、正しい選択肢です。


ちなみに、この患者のふるまいが
防衛機制である、と感じたとすれば
「現実を理解するのに、まだ時間がかかるはず」であり
「現実を受け入れるまで、綿密なフォローが必要」
である、といった点に留意する必要があり

担当看護師に、様子を可能な限り聞いてみたうえでの
様々な個別具体的対応などが求められると考えられます。



選択肢 2 ですが
これは、自己実現についての記述です。
防衛機制では、ありません。


よって、選択肢 2 は誤りです。



選択肢 3 ですが
心理アセスメントについての記述であると考えられます。
防衛機制では、ありません。


よって、選択肢 3 は誤りです。



選択肢 4 ですが
これは、ストレスについての記述です。
ちなみに、外的刺激が、ストレッサー(ストレス因子)です。
防衛機制では、ありません。


よって、選択肢 4 は誤りです。



選択肢 5 ですが
失行についての記述であると考えられます。
防衛機制では、ありません。


よって、選択肢 5 は誤りです。



以上より、正解は 1 です。