問100-306-307 解説





問306-307 
32歳女性。
皮膚科より尋常性乾癖と診断を受け
以下の薬剤を初めて服用することになった。
なお、医師からは治療の説明を受けている。

エトレチナートカプセル 10mg 
1回2カプセル(1日4カプセル)
1日2回 朝夕食後 14日分


問306 (実務)
薬剤師は
処方せん受付時に
患者が医師から受けた説明内容を確認した。

この薬剤を使用するにあたり
確認すべき項目のうち
優先度が高いものはどれか。2つ選べ。

1 日光浴
2 避妊
3 食事の回数
4 起床時間
5 献血



問306 解説
エトレチナートは、ビタミン A 誘導体です。
強い催奇性があるため、服用中及び服用後 
女性は、最低 2 年間の避妊が必要です。


また、体内に長期間蓄積されることから
献血を少なくとも 2 年間は行わないように
指導しなければいけません。


以上より、正解は 2,5 です。




問307 (法規・制度・倫理)
この患者に関する情報の
薬局における取扱いとして適切なのはどれか。
2つ選べ。
なお、必要な事項は薬歴に記載している。

1 患者から薬歴開示の求めがあったが
薬歴は薬局の情報であるという理由で
示を拒否した。

2 患者が不慮の事故で亡くなったので
薬歴の情報を
家族の同意を得ずに
第三者に提供した。

3 患者の勤務先から
健康診断の準備のためとして
処方内容の問い合わせがあったが
患者の同意がないとの理由で
回答を拒否した。

4 処方せんに疑義が生じたため
患者の同意を得ずに
処方医に疑義照会した。



選択肢 1 ですが
患者本人からの求めであれば、原則として
開示が求められている事項に該当する部分を
遅滞なく、コピーなどの書面などで交付する必要があります。

だたし、本人や第三者の生命、身体、財産などの
権利利益を害するおそれがある場合や
業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合や
他の法令に違反する場合などには、拒否できます。

本選択肢のように、単に薬局の情報であるから
という理由では、拒否できないと考えられます。


よって、選択肢 1 は誤りです。


ちなみに
家族からの求めである場合は
明らかに本人の同意を得ていると
確認できない限り、薬歴の開示はできません。



選択肢 2 ですが
故人の情報も、個人情報と同等の
安全管理措置が必要となります。


よって、第三者に勝手に提供することは
許されないと考えられます。


この選択肢については
個人情報は、預金のような、財産として考えると
イメージしやすいのではないかと思います。

すなわち、故人の預金口座を
勝手に第三者が扱ってよいわけはなく
そして、そのような場合には、家族に対して
連絡をするだろうと考えるとよいかと思います。



選択肢 3,4 は、正しい選択肢です。




以上より、正解は 3,4 です。