問100-308309 解説





問308-309
病院では、医療法の規定に基づき
医療の安全管理体制を
確保することになっている。


問308 (法規・制度・倫理)
病院の管理者が
医療法の規定に基づいて
医薬品に係る安全管理体制の確保のために
講じなければならない措置はどれか。
2つ選べ。

1 従業者に対する研修の実施
2 医薬品購入に係る委員会の設置
3 情報の収集などの改善方策の実施
4 医薬品保管庫の保守点検の実施



問308 解説

講じなければならない措置は
5つあります。

1:責任者の設置
2:従業者に対する、医薬品安全使用のための研修実施
3:医薬品安全使用のための、業務手順書作成
4:手順書に基づく業務の実施
5:医薬品安全使用のために必要な情報収集等の
改善のための方策の実施

です。



本問の選択肢に含まれるのは
研修の実施と、情報の収集などの改善方策の実施 です。



以上より、正解は 1,3 です。




問309 (実務)
医薬品安全管理のために
薬剤師が病棟における薬剤の在庫確認を行った。

内科病棟を巡回した際
医療安全の観点から、病棟に在庫することが
適切でない成分を含む注射剤として
指摘すべきものはどれか。
1つ選べ。


1 ペンタゾシン
2 ヒドロコルチゾンコハク酸エステルナトリウム
3 L-アスパラギン酸カリウム
4 リドカイン塩酸塩
5 アドレナリン



問309 解説

誤った投与により、死亡を含む深刻な影響を
もたらしうる代表的な薬剤として
(「危険薬」と呼ばれることもあります。
高濃度カリウム塩があります。


L-アスパラギン酸カリウムは
高濃度カリウム塩です。


病棟に在庫することにより
誤って使われた時に
もっとも致命的な過誤につながるものとして

医療安全の観点から
病棟に在庫することが適切でないと、指摘すべきです。


以上より、正解は 3 です。