問100-310311 解説





問310-311 
薬剤師が医師に同行して
糖尿病治療中の在宅患者を訪問した際
患者の家族より
おしりが赤くなっていると訴えがあった。

医師が診察したところ
尾骨部周辺から多くの滲出液がでていた。

薬剤師は、医師から
「褥瘡になっている。
まず、外用剤に滲出液を吸収させたい。
適切な薬剤はないか。」
と相談された。


問310 (実務)
以下の製剤のうち
薬剤師が提案するものとして
最も適切なのはどれか。
1つ選べ。

1 白色ワセリン
2 親水クリーム(親水軟膏)
3 マクロゴール軟膏
4 単軟膏
5 吸水軟膏



問310 解説

外用剤に滲出液を吸収させたい、という点から
水溶性基剤を選択する必要があります。


選択肢 1 ですが
白色ワセリンは、代表的な油脂性の基剤です。


よって、選択肢 1 は誤りです。



選択肢 2 ですが
親水クリーム(親水軟膏)は、代表的な
o/w 、乳剤性の基剤です。


よって、選択肢 2 は誤りです。



選択肢 3 は、正しい選択肢です。
マクロゴール軟膏は、代表的な水溶性の基剤です。



選択肢 4 ですが
単軟膏は、代表的な油脂性の基剤です。


よって、選択肢 4 は誤りです。



選択肢 5 ですが
吸水軟膏は、代表的な
w/o、乳剤性の基剤です。


よって、選択肢 5 は誤りです。



以上より、正解は 3 です。



(代表的な半固形製剤の種類と性質)




問311 (法規・制度・倫理)
後日、この患者の処方せんを
薬局がファクシミリで受け取った。

薬剤師は、再度患者宅を訪問し
以下の業務を行った。
適切なのはどれか。
2つ選べ。


1 薬剤の効果を確かめるために
患者から同意を得た上で
採血を行い血糖を測定した。

2 患者が服薬しやすいように
服薬カレンダーに薬剤をセットした。

3 患者宅の残薬が服用可能であったため
薬剤師の判断で
処方された数量を変更して調剤した。

4 薬剤の効果が不十分と考えられたため
処方医に疑義照会した。

5 薬剤の副作用が
発現していると考えられたため
薬剤師の判断で
服用量の減量を指示した。



問311 解説

選択肢 1 ですが
採血を行うことは、できません。


よって、選択肢 1 は誤りです。



選択肢 2 は、正しい選択肢です。

糖尿病治療において
痛みなどの自覚症状が乏しいことから
服薬を自己判断で中止するケースなどが見られます。

他にも、薬を飲んだと勘違いすることによる
服薬忘れなども考えられます。

服薬を容易にするために
服薬カレンダーに薬剤をセットするのは
適切であると考えられます。


選択肢 3 ですが
勝手な判断で、処方された数量の変更はできません。


よって、選択肢 3 は誤りです。



選択肢 4 は、正しい選択肢です。



選択肢 5 ですが
勝手な判断で、服用量の減量を指示してはいけません。



以上より、正解は 2,4 です。