問100-314315 解説





問314-315 
50歳男性。
がんによる疾痛を緩和する目的で
在宅にてオキシコドン塩酸塩水和物徐放錠と
非ステロイド性抗炎症薬で
治療を行っている。

疼痛はコントロールできており
重篤な副作用もみられなかった。

昨晩より
突発性の疼痛が発現したとの訴えが主治医にあり
今回、オキシコドン塩酸塩水和物散が
臨時追加投与されることとなった。


問314 (実務)
オキシコドン塩酸塩水和物散の
服薬指導に関する記述として
誤っているのはどれか。
1つ選べ。


1 今まで処方されている鎮痛剤
(非ステロイド性抗炎症薬〉は
今後も服用してください。

2 以前よりも
便秘症状がひどくなることがあります。

3 食事に関係なく服用しても大丈夫です。

4 オキシコドン塩酸塩水和物徐放錠との
服用間隔は
2時間以上あけてください。

5 この薬剤の追加投与で
ウトウトすることがあります。



本症例は、疼痛管理における
レスキュー薬の使用に関する事例です。

レスキュー薬とは、痛みが増強した際に追加する
臨時薬剤です。


選択肢 1 は、正しい選択肢です。
他の鎮痛剤に上乗せするのが
レスキュー薬です。



選択肢 2 は、正しい選択肢です。
オキシコドンの血中濃度が上昇するため
副作用である便秘症状が強くなる可能性があります。

痛みのコントロールが重要であるため
副作用の増強に驚いて
使用に関して勝手な自己判断を下さぬよう
服薬指導を行うことが重要です。



選択肢 3 は、正しい選択肢です。
痛みに対して、頓服で使用するため
食事に関係なく使用してかまいません。



選択肢 4 ですが
服用間隔をあける必要はありません。
痛みを感じた時に、頓服で使用します


よって、選択肢 4 は誤りです。



選択肢 5 は、正しい選択肢です。
オキシコドンの血中濃度が上昇するため
副作用である眠気が強くなる可能性があります。



以上より、正解は 4 です。



問315 (法規・制度・倫理)
オキシコドンは麻薬として規制されている。
麻薬に関する規制のうち、正しいのはどれか。
2つ選べ。

1 薬局の開設者は
特段の申し出がない限り
麻薬小売業者の免許を受けた者とみなされる。

2 麻薬小売業者が
麻薬処方せんを受け付ける場合は
麻薬施用者の医師免許番号
記載されていることを
確認しなければならない。

3 麻薬小売業者は
麻薬の滅失等の事故が生じたときは
すみやかに都道府県知事に
届け出なければならない。

4 麻薬小売業者は
特段の許可なく
別の麻薬小売業者に
麻薬を譲渡することができる。

5 麻薬小売業者は
年に1回
1年間に譲渡、譲受した麻薬の品名及ぴ数量を
道府県知事に届け出なければならない。



選択肢 1 ですが
麻薬小売業者免許を希望する人は
開設手続とは別個に、申請が必要です。
(開設と同時に免許を受けることは、可能。)


よって、選択肢 1 は誤りです。



選択肢 2 ですが
医師免許番号ではなく
麻薬施用者番号の記載を確認する
必要があります。

ちなみに 麻薬処方せんの記載事項は
以下の7つです。

① 患者の氏名、年齢(または生年月日)
② 患者の住所
③ 麻薬の品名、分量、用法、用量(投薬日数を含む)
④ 処方せんの使用期間(有効期間)
⑤ 処方せん発行年月日
⑥ 麻薬施用者の記名押印または署名、免許番号
⑦ 麻薬診療施設の名称、所在地
(院内処方せんの場合は、②、④、⑦の記載を省略できる。)



選択肢 3 は、正しい選択肢です。



選択肢 4 ですが
麻薬小売業者間の麻薬の譲渡には
麻薬小売業者間譲渡許可が必要です。

また、この譲渡許可は
同一都道府県内の薬局と共同して
譲渡許可を得る事が必要です。

特段の許可なく、麻薬の譲渡はできません。


よって、選択肢 4 は誤りです。



選択肢 5 は、正しい選択肢です。



以上より、正解は 3,5 です。