問100-320321 解説





問320-321 
咳込み状態が改善しないため
医療機関を受診した患者が
以下の処方せんを持って保険薬局に来局した。

その際、後発医薬品変更について
教えてほしいと説明を求められた。
ただし、処方1~3は先発医薬品
処方5は後発医薬品名である。


問320(実務)
後発医薬品への変更についての記述のうち
適切でないのはどれか。 1つ選べ。

1 処方1について
後発医薬品に変更できないのでこのまま調剤する。

2 処方2について
後発医薬品の説明を行ったうえで
患者が希望した場合は、後発医薬品を調剤する。

3 処方3について
後発医薬品の説明をするが
患者が先発医薬品を希望する場合は
そのまま調剤する。

4 処方4について
一般名処方なので先発医薬品で調剤する。

5 処方5について
在庫がないので、患者の了解が得られれば
医師に確認しないで同一金額以下で
同一成分の別銘柄の後発医薬品を調剤する。



選択肢 1は、正しい選択肢です。
変更不可に印があるため、後発医薬品に
変更できません。



選択肢 2,3は、正しい選択肢です。
あくまでも、患者の希望に従うという点がポイントです。



選択肢 4 ですが
一般名処方では、原則として
後発医薬品が使用されるよう説明を行います。
無条件で先発医薬品で調剤するわけでは、ありません。


よって、選択肢 4 は誤りです。



選択肢 5 は、正しい選択肢です。

※ 同一金額以下というのは、意外と実務上重要です。
というのも、後発医薬品だけど、高いものもあるからです。
自分の勤務する薬局にある在庫について
しっかり把握しておく必要があります。

(わからないと、その場で薬価事典でぱっと調べるのですが
余計な時間がかかってしまうので
よく来る薬については。◯◯は高いから変更不可 みたいな
付箋がついていたり、各自で工夫していました。。)



以上より、正解は 4 です。



問321(法規・制度・倫理)
この患者は、後発医薬品への切り替えを希望した。
当該患者への後発医薬品に関する説明のうち
正しいのはどれか。2 つ選べ。

1 後発医薬品は、先発医薬品の
再評価が終了した後に市場で提供されます。

2 後発医薬品は、先発医薬品と
同等の臨床効果、作用が得られる医薬品です。

3 後発医薬品は、先発医薬品と比べて
多くの場合、価格が安くなります。

4 後発医薬品に含まれる添加剤は
どれも先発医薬品と同一です。

5 日本は欧米諸国に比べて
後発医薬品の使用割合が高い状況です。



選択肢 1 ですが
後発医薬品は、先発医薬品の特許が終了した後に
市場で提供されます。
再評価では、ありません。


よって、選択肢 1 は誤りです。



選択肢 2,3 は、正しい選択肢です。



選択肢 4 ですが
添加物に関しては、後発医薬品メーカーによって
異なります。
どれも先発医薬品と同一であるとは、いえません。


よって、選択肢 4 は誤りです。



選択肢 5 ですが
日本の使用割合は、欧米諸国と比べ
かなり追いついてきましたが
高い状況とまではいえません。


よって、選択肢 5 は誤りです。



以上より、正解は 2,3 です。