問100-322-323 解説





問322-323 
30歳女性。
片頭痛のため
リザトリプタン安息香酸塩錠(以下「薬剤1」とする)が
処方され、保険薬局を訪れた。

この女性の姉(32歳)も
昨年より片頭痛のため、当薬局から
クリアミン配合錠A 1.0(以下「薬剤2」とする)の
投薬を受けている。今日は付き添いで一緒に来局した。

注)薬剤2:エルゴタミン酒石酸塩・無水カフェイン・
イソプロピルアンチピリン配合錠


問322(実務)
この姉妹から、これらの薬について説明を求められた。
薬剤師が行った説明の中で適切でないのはどれか。
1つ選べ。

1 薬剤1は、定期的に服用して下さい。

2 薬剤1は、服用しても痛みが治まらない時は
2時間以上あければ追加して服用できます。

3 薬剤2は、片頭痛の予兆や前兆が現れた時にも
服用してください。

4 薬剤2は、妊婦又は妊娠している可能性のある女性は
服用できません。

5 姉妹間での薬のやり取りはしないで下さい。


選択肢 1 ですが
リザトリプタンは、5 - HT1B/1D 受容体作動薬です。
頭痛発生時に用いる片頭痛治療薬です。
予防薬ではなく、定期的に服用する薬では
ありません。


よって、選択肢 1 は誤りです。



その他の選択肢 は、正しい選択肢です。



ちなみに、選択肢 4 ですが
エルゴタミンは、おなかの赤ちゃんの血流を悪くしたり
流産の原因にもなりかねないため、服用できません。
さらに、授乳中も控えます。


以下 雑感-----

(この点、トリプタン系の偏頭痛治療薬は
治療上の便益を考慮した上で、使用が可能です。

妊婦であるから、頭痛薬が飲めない、というのは
ただでさえ体の変化で不安も多いと思われる中
心細いことだと思われます。

同じ疾患において、異なる作用機序の薬が複数あり
選択肢が存在する、ということが
医療におけるすばらしい豊かさ であり

そのような選択肢を増やしていく「創薬」を行っているのが
世界でも、数カ国である、ということに思いをはせた時

創薬を行うことができているこの国で
薬学を学ぶことができる ということが
どれだけ人の幸せに貢献しうることにつながることなのか、と驚きます。

また、薬剤師として実際の現場で患者さんと接する時に
せっかくの豊かさを、100%目の前の患者さんのために活用し
薬の適正使用を実現できるかどうかは
薬剤師の知見、能力に大きく左右される、ということも
こうした問題から感じることができるのではないか と考えられます。)

以上 雑感-----



また、選択肢 5 に関連してですが
本症例のような、家族で同じ症状に対する
異なる薬を服用している例としては
他にも、降圧薬や高血糖治療薬など
様々なケースが考えられます。

家族間でのやり取りを、絶対に行わないように
意識して、定期的に指導することはとても重要といえます。



問323(法規・制度・倫理)
これらの2つの薬剤の効果と費用は
いずれも異なっている。

薬剤師は、エルゴタミンを含む配合剤に対する
リザトリプタン安息香酸塩錠の費用対効果を
評価した資料を調べた。

この資料では、質調整生存年(QALY)を用いた
効果の期待値と費用の期待値から
増分費用効果比が算出されていた。

この薬剤経済分析の手法として
最も適切なのはどれか。1つ選べ。

1 費用最小化分析
2 費用効果分析
3 費用効用分析
4 費用便益分析
5 費用感度分析



QALY を用いている、という点から
費用効用分析である、とわかります。


よって、正解は 3 です。



ちなみに、選択肢 1 ですが
費用最小化分析とは、治療効果が同等である
複数の治療法の中で、発生する費用を比較する方法です。

例としては、先発薬と後発薬の比較や
注射と内服などの、剤形が異なる薬の比較で用いられます。

効果の期待値が用いられていることから
治療効果が同等ではないと考えられます。


よって、選択肢 1 は誤りです。



選択肢 2 ですが
費用効果分析は、複数の治療法があった時に
治療によるアウトカム(例として、生存率など)を評価して
治療によって発生する費用と比較する分析手法です。


費用効果分析の中で、効果の指標として
質調整生存年(QALY)を用いたものが
特に、費用効用分析と呼ばれます。

そのため、選択肢 2 は、誤りではありませんが
最も適切とはいえません。


よって、選択肢 2 は誤りです。




選択肢 4 ですが
費用便益分析は、効果を全て金銭価値に置き替える
評価方法です。

質調整生存年という
金銭価値以外を効果指標に用いている点から
誤りであると判断できます。



選択肢 5 ですが
感度分析とは、ある変数が変化した時に
どれぐらい結果に影響するかを分析する 
ということです。

費用や効果を数値化する際
ある程度幅のある数値を用います。
また、発症率のような確率を用いるものもあります。

このような、変動する可能性のある値を
いろいろと変化させてみることで
分析の妥当性を評価するのが、感度分析です。

本問では、値を変化させていない点から
誤りであると判断できます。