問100-324325 解説




問324-325 
80歳女性の家族より
「一昨日、処方せんにより調剤してもらった薬を
服薬してから母親の体のふらつきがひどくなり
今朝転倒した。」と薬局に連絡があった。

調剤した薬剤師が確認したところ
薬剤量を誤って多く調剤した可能性が疑われた。


問324(実務)
この時点での当該保険薬局における対応として
適切でないのはどれか。1 つ選べ。

1 本人の状況・状態を確認する。

2 家族を安心させるため
補償を約束する旨を伝える。

3 状況を管理薬剤師・開設者に報告する。

4 確認した事実関係を隠さないで
患者側に説明する。

5 他の患者への事象拡大を
防止するための策を講じる。



調剤事故の連絡を受けた薬剤師は
必要な情報を患者から聞き取った上で
速やかに管理者や開設者へ報告し
組織的な対応の準備を行う必要があります。
(選択肢 1,3)


調剤ミスにより
誤った薬剤を患者に交付してしまった場合
まず、患者の健康被害の有無を確認し
健康被害が疑われる場合は
必要に応じた緊急措置を講じることが重要です。

そして、必要に応じて
他患者への被害拡大の可能性を判断し
速やかに対応します。
(選択肢 5)


また、連絡を受けてから
全ての過程について客観的事実を
詳細に記録することが非常に重要です。

事故の原因や経過に不明な点があるうちに
患者側に対して確定的な説明や回答は、避けるべきです。
安易な金銭的解決を図るといったことも、不適切です。
(選択肢 2 (選択肢の内容は、誤り))


説明の報告においては
事実を省いたりせず、ごまかさずに
伝えることが重要です。
(選択肢 4)


以上より、正解は 2 です。



ちなみに
日本薬剤師会 の
一読をおすすめします。



問325(法規・制度・倫理)
処方された薬剤の用量を誤って調剤した場合
医療事故につながる可能性がある。

下図は
公益財団法人日本医療機能評価機構で収集した
医療機関におけるヒヤリ・ハット事例の
報告件数に基づいて作成されている。

図のア~オに入る語句とし
適切なのはどれか。1つ選べ。

なお、この報告件数には
以下の①~③に該当する事例が含まれている。

① 医療に誤りがあったが
患者に実施される前に発見された事例。

② 誤った医療が実施されたが
患者への影響が認められなかった事例
又は軽微な処置・治療を要した事例。

③ 誤った医療が実施されたが
患者への影響が不明な事例。

データの出所:公益財団法人日本医療機能評価機構
医療事故情報収集事業平成24年年報

(注)当事者とは、当該事象に関係したと
医療機関が判断した者であり、複数回答が可能である。



まず、図2に注目します。

医療機関におけるヒヤリハットにおいて
患者への医療の実施前に発見する職種
及び
気付かずに実施した時の当事者 として
ほぼ必ず関与しているであろう職種 は
「看護師」であろうと推測できると思います。

よって、ウが看護師です。
そこから、正解は 2 か 5 です。


そして
報告項目としては
例えば
薬の名前が違う、量が違う
投与する人が違うなど のヒヤリハットを考えると
「薬剤」が多いだろうと
判断できるのではないでしょうか。



以上より、正解は 2 です。