化学 (理論)





問101 
有機化合物 1~5 が
それぞれ 100mg 溶解している
ジエチルエーテル(エーテル)溶液 100mL について
エーテルと同体積の各水溶液を用いて
分液ロートによる以下の抽出操作を行った。

主としてエーテル層Aに合まれる有機化合物はどれか。
1つ選べ。

    


正解 5
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。






問102
化合物Aのヒドロホウ素化-酸化反応の
主生成物 B として正しいのはどれか。
1つ選べ。

ただし
ラセミ体が生成する場合は
片方の鏡像異性体のみを示してある。

    


正解 1
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。





問103
カルボニル化合物 A を
アルケン C に変換するのに
必要な試薬 B はどれか。
1つ選べ。

    


正解 5
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。






問104
電子移動を示す矢印(細い矢印)
で記した機構が主となって
実際に進行し生成物が得られる反応はどれか。
1つ選べ。

    


正解 3
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。





問105 
次の医薬品のうち
医薬品そのもの、または代謝物が
標的酵素の活性部位と
共有結合を形成するのはどれか。
2つ選べ。

    


正解 3,5
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。





問106 
カンデサルタンシレキセチルに関する
記述のうち誤っているのはどれか。
2つ選べ。


    


1 べンゾイミダゾール骨格をもつ。

2 テトラゾリル基は
カルボキシ基の生物学的等価体とみなされる。

3 シレキセチルはステムである。

4 経口投与後生じる活性代謝物
(カンデサルタン)には
不斉炭素原子が存在しない。

5 ビフェニル基は親水性を示す。


正解 3,5
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。





問107 
インドメタシンは
フィッシャー(Fischer)のインドール合成によって
得ることができる。

このインドール合成に
用いられる化合物はどれか。
2つ選べ

    


正解 1,6
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。






問108
合成したインドメタシンの構造解析を
1H-NMR
(400 MHz、CDCl3、基準物質はTMS)
によって行った。

図Aは、1H-NMR スペクトルである。
なお、ア~ウ及びキのシグナルは
一重線である。

構造解析結果に関する記述のうち
正しいのはどれか。2つ選べ。

なお、カルボキシ基の水素のシグナルは
図 A 中では観測されていない。


    



1 基準物質として用いられるTMSは
トリメチルシランである。

2 インドール環2位のメチル基のシグナルは
図 A のアである。

3 インドール環4位の水素のシグナルは
図 A のカである。

4 CDCl3の重水素のシグナルは
図 A のキである。

5 図 A のオのシグナルと
クのシグナルは互いにカップリングしている。


正解 2,3
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。






問109 
写真 A ~ E に示した生薬に関する記述のうち
誤っているのはどれか。
2 つ選べ。




1 Aの基原植物は
ホンアンズ、アンズで
鎮咳薬として利用される。

2 Bの基原植物は
カラスビシャクで
鎮吐薬、去疾薬として利用される。

3 Cの基原植物は
カギカズラで
鎮痛薬、鎮痙薬として利用される。

4 Dの基原植物は
ボタンで
鎮痛薬、鎮痙薬として利用される。

5 Eの基原植物は
クマコケモモで
尿路殺菌薬として利用される。


正解 4,5
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。






間110 
構造式AとBで示される
タンニンに関する記述として正しいのはどれか。
2つ選べ。



1 化合物 A 及び B は
塩化鉄(III)試液で呈色する。

2 化合物 A は
シキミ酸と酢酸ーマロン酸の
複合経路で生合成される。

3 化合物 A に合まれる糖は
Dーマンノースである。

4 化合物 B は
加水分解型タンニンである。

5 化合物 B は
1ーブタノール中で塩酸と加熱すると
赤色を呈する。


正解 1,5
※白黒反転で、解答番号が見えます。
正解の右側をドラッグして下さい。