問100-14 解説





問14 ヌクレオチドのピリミジン骨格の 
de novo 合成に利用されるアミノ酸はどれか。
1つ選べ。

1 L-メチオニン
2 L-チロシン
3 L-バリン
4 L-アスパラギン酸
5 L-トリプトファン



ヌクレオチドとは
ヌクレオシドにリン酸が結合したものの総称です。
例は、ATP です。(リン酸3つ結合。)


ヌクレオシドとは
塩基と糖が結合したものの総称です。
例は、アデノシン です。

塩基は
骨格により大きく2つに分類されます。
すなわち
プリン塩基と、ピリミジン塩基に 分類されます。


ピリミジン骨格に利用されるアミノ酸は
アスパラギン酸及び、グルタミンです。

ちなみに、プリン骨格に利用されるアミノ酸は
グリシン、アスパラギン酸、グルタミンです。



選択肢に含まれているアミノ酸は
アスパラギン酸だけなので
正解は 4 です。