問100-15 解説





問15 細菌の内毒素(エンドトキシン)に関する記述のうち
誤っているのはどれか。 1つ選べ。


1 グラム陰性菌外膜の成分である。
2 主成分はタンパク質である。
3 外毒素に比べ、加熱処理に対して安定である。
4 細菌の種類により、構造的な多様性がある。
5 宿主の免疫反応をかく乱し、ショック症状をおこす。



細菌の産生する毒素は、分泌されるかどうかで
大きく2つに分類されます。
すなわち、分泌される 外毒素 と
分泌されない 内毒素 です。

内毒素は
グラム陰性菌の細胞壁成分です。
別名エンドトキシンです。
実体は、リポ多糖です。


実体が糖の一種であることから
明らかにタンパク質ではありません。


よって、選択肢 2 は誤りですので
正解は 2 です。



ちなみに
外毒素の実体はタンパク質です。
内毒素と比較すると
熱に弱いという特徴を持ちます。



関連問題