問100-86 解説





問86 
ある薬剤を服用している患者から
「足がむくむ」、「尿量が少なくなった」
「排尿時の尿の泡立ちが強い」との訴えがあり
副作用を疑った。

下記の中で最も可能性が高いのはどれか。
1つ選べ。

1 横紋筋融解症
2 高血糖
3 出血性膀胱炎
4 腎性尿崩症
5 ネフローゼ症候群



足のむくみ、尿量の減少、尿の泡立ちが強い 
という症状は、ネフローゼ症候群の初期症状に
該当します。


ちなみに、他には
体がだるい、息苦しい、尿が赤い などの症状も
ネフローゼ症候群の初期症状として
知られています。


ある薬剤、ということですが
解熱鎮痛薬、抗リウマチ薬
抗生物質、インターフェロン製剤、降圧薬など
多数の薬剤により引き起こされる場合があります。



以上より、正解は 5 です。




ちなみに
選択肢 1 ~ 4 の初期症状としては


横紋筋融解症
→筋肉痛、手足のしびれ、脱力、だるさ、赤褐色の尿 など。


高血糖
→多量の尿、口渇、体重減少、脱力感 など。


出血性膀胱炎
→尿が赤み帯びる、尿の回数が増える、排尿時に痛みがある など。


腎性尿崩症
→尿量の著しい増加、口渇、多飲 など、


となります。