実務 (実践)





問326 
医療スタッフの協働・連携による
チーム医療が推進されている。

病院内のチーム医療の中で
薬剤師が実施することが推奨されている業務として
適切でないのはどれか。 1つ選べ。

1 薬物療法を受けている患者への
薬学的管理を実施する。

2 薬物の血中濃度に基づき
投与量の変更を提案する。

3 医師の指示のもと
動脈留置カテーテルから薬剤を投与する。

4 副作用のモニタリングに基づき
薬剤の変更を提案する。

5 医師等と事前に作成・合意された
プロトコールに基づき薬剤を変更する。





問327
 病院内において薬剤師が行う
医薬品の管理に関する記述のうち
正しいのはどれか。2つ選べ。

1 医薬品管理の主な目的は
品質の保証された医薬品を安定供給することである。

2 ロット番号の管理は
健康被害拡大防止を目的とした医薬品の回収時に役立つ。

3 一定数量を病棟に配置し
使用分を補充する方法を発注点方式という。

4 経過措置品目に指定された医薬品は
告示された翌日から保険医療で使うことができない。





問328 
65歳女性。体重50kg。
絶飲絶食であり、維持期に用いる
1日当たりの高カロリー輸液の組成を
考えることになった。

この患者の1日当たりに必要な総エネルギー量は
予測式から基礎代謝量を求め
活動因子および障害因子を考慮して
算出したところ1400kcal であった。

高カロリー輸液組成において
非タンパクカロリー/窒素比(NPC/N)が
150になるようにしたい。

10%アミノ酸輸液の投与量として
最も近いものはどれか。1 つ選べ。

ただし、タンパク質には窒素が16%含まれるものとする。
また、20%脂肪乳剤250mL(500kcal)1本を
末梢静脈より投与する予定である。

1 50mL 
2 100mL 
3 300mL 
4 400mL 
5 500mL





問329 
20 %ブドウ糖液を調製して
末梢静脈から点滴投与する注射処方せんが
発行された。

薬剤師は高浸透圧による静脈炎が
発生する可能性があると判断し
処方医に疑義照会した。

20%ブドウ糖液の血漿に対する浸透圧比として
最も近いのはどれか。 1つ選べ。

なお、血漿の浸透圧を290mOsm/L とし
ブドウ糖の分子量は 180 とする。

1 2.1 
2 2.6 
3 3.2 
4 3.8 
5 4.2





問330 
非小細胞肺がん患者への
処方1~3に関する薬剤師の対応として
適切でないのはどれか。 2 つ選べ。

(処方1)
ドセタキセル注100mg
5%ブドウ糖注射液250mL
60分間で点滴静注

(処方2)
生理食塩液500mL
90分間で点滴静注

(処方3)
シスプラチン注125mg
5%ブドウ糖注射液500mL
120分間で点滴静注

1 体重と年齢から
投与量を計算して確認した。

2 ドセタキセルは希釈せずに
急速静注投与するよう疑義照会した。

3 シスプラチンは
生理食塩液で希釈するよう疑義照会した。

4 処方監査時に血液学的検査値を確認した。

5 処方監査時に体温を確認した。





問331 
院内の安全対策研修会で
下記の事例をもとに医療事故の対応を
多職種で議論した。

事例
60歳女性。
関節リウマチの診断で
今回より初めてメトトレキサートカプセル2mg 3カプセルが
4週間分処方された。

本来、週1回服用のところ
連日服用で28日分調剤された。
服用開始18日目に
倦怠感、食欲不振、歯肉出血が出現したた
自己判断で服用を中止した。

その3日後に外来受診し
検査の結果、口腔粘膜障害、胃腸障害
肝機能障害、骨髄抑制が認められたため
緊急入院となった。

議論の中で、この患者への処置について
薬剤師が意見を求められた。
この薬剤の特徴から考えて効果的なのはどれか。
2 つ選べ。

1 ホリナートカルシウムの投与
2 ビタミンK製剤の投与
3 薬用炭の投与
4 炭酸水素ナトリウム注射薬の投与





問332 
6歳女児。
高熱とひどい咳のため受診し
マイコプラズマ肺炎と診断され
下の薬剤が処方された。

(処方)
クラリスロマイシンシロップ用10% 1回1.5g(1日3g)
1日2回朝夕食後7日分

服用開始3日目に
オレンジジュースに混ぜて服用させたところ
子供が苦くて飲めないと連絡があった。

苦みが増したのはオレンジジュースの
どのような要因によるものか。 1つ選べ。

1 酸性
2 アルカリ性
3 フラボノイドを含有
4 カリウムを含有
5 ナトリウムを含有





問333 
64歳女性。
本日、以下に示す皮膚科の処方せんを持って
保険薬局を訪れた。

(処方)
ヒルドイドソフト軟膏0.3% (注) 100g
1日3~4回手足のカサカサ部に塗布
(注:ヘパリン類似物質を主成分とする外用剤)

服薬指導時に、抗がん剤を服用していることがわかった。
その抗がん剤を服用し始めてから
手のひらと足の裏が赤くなり痛みが生じるとともに
かかとがカサカサするようになったと訴えた。
見せてもらうと色素沈着も認められた。

皮膚科の医師からは
抗がん剤の副作用を抑えるための軟膏であると言われている。
この副作用を引き起こす薬物として
最も想定されるのはどれか。 1 つ選べ。

1 イマチニブ
2 ソラフェニブ
3 ゲフィチニブ
4 ダサチニブ
5 ニロチニブ





問334 
65歳男性。体重72kg。
非弁膜症性心房細動との診断で
下記の処方薬を服用していた。

数日前から、めまい、ふらつき、冷汗
手の震え、軽度の意識障害にて昨日入院となった。

本日病室を訪問した薬剤師は
下記の処方薬を日頃欠かさず服用していたことを
付添いの家族から聴取した。

また、カルテから入院時検査結果が
清クレアチニン値は2.0mg/dL
BUN は39mg/dL
空腹時血糖は40mg/dL であることを確認した。

シベンゾリンコハク酸塩錠100mg 1回1錠(1日3錠)
ベラパミル塩酸塩錠40mg 1回1錠(1日3錠)
ニコランジル錠5mg 1回1錠(1日3錠)
1日3回朝昼夕食後

ダビガトランエテキシラートメタンスルホン酸塩カプセル110mg
1回1カプセル(1日2カプセル)

ニフェジピン徐放錠10mg(12時間持続) 1回1錠(1日2錠)
1日2回朝夕食後

担当の薬剤師は
入院時の不快症状と検査値から薬の副作用を疑い
医師に薬剤の変更を提案しようと考えた。
該当する薬剤はどれか。1つ選べ。

1 シベンゾリンコハク酸塩錠
2 ベラパミル塩酸塩錠
3 ニコランジル錠
4 ダビガトランエテキシラートメタンスルホン酸塩カプセル
5 ニフェジピン徐放錠





問335 
漢方処方とその主な効能・効果の組み合わせのうち
正しいのはどれか。2つ選べ。

1 半夏厚朴湯- 下痢、腸閉塞予防
2 小青竜湯- 気管支喘息、鼻炎
3 六君子湯- 花粉症、アトピー性皮膚炎
4 抑肝散- 神経症、不眠症
5 大建中湯- 腰痛、筋肉痛





問336 
市立病院に勤務する新人薬剤師が
はじめて病棟で患者を担当することになった。

59歳男性。
前立腺がんが原発であったが
骨に転移し激しい痛みを伴っており
がんに対する化学療法と
痛みに対する緩和ケアが必要とされる。

そこで、この薬剤師は
患者への介入を考えるため、患者のカルテを閲覧した。
薬剤師の行動として通常許容されるのはどれか。 1 つ選べ。

1 患者氏名をイニシャル化し
私的所有のUSB メモリに患者情報を記録し
宅に持ち帰った。

2 患者の氏名と使用医薬品名をノートに記録し
製薬企業の学術担当者に見せて相談した。

3 他院の友人に依頼して
類似症例のカルテのコピーを入手し、参考にした。

4 大学の図書館で調べものをするので
患者個人情報を持ち出した。

5 薬剤部内の症例検討会で発表するために
カルテに基づく資料を匿名化したうえで作成した。





問337 
3歳男児。
急性中耳炎に対し、以下の薬剤が処方された。この事例に対応した
薬剤情報提供として適切でないのはどれか。2 つ選べ。

(処方)
デキサメタゾンエリキシル0.01% 1回1.33mL(1日4mL)
単シロップ1回0.67mL(1日2mL)
以上、混合して1剤とする。1日3回朝昼夕食後4日分

1 1回量は、2mL であることを伝えた。
2 感染を防止する作用があることを伝えた。
3 消化管障害が現れることがあることを伝えた。
4 説明する時間がなかったので添付文書を渡した。
5 エタノールが含まれることを伝えた。





問338 
病棟で抽出された以下の問題点について
薬剤師の対応・判断として適切と考えられるのはどれか。
2 つ選べ。

1 アドヒアランス不良の患者に対し
薬剤情報提供書と薬剤実物を用いて指導を行った。

2 患者の薬識が低かったので
服用薬に対する理解度を高めるため、一包化調剤で対応した。

3 高血圧患者より2種類の内服薬の管理が
うまくできないとの申し出があり、
薬品情報を調査して配合剤への変更が可能かを検討した。

4 注射用セフェム系抗生物質投与時の
患者観察に関する看護師の相談に対して
初回投与時に問題が無かったので
同一薬剤2回目以降の観察は不要と回答した。





問339 
薬局製造販売医薬品(薬局製剤)の
製造・販売に関する記述のうち
正しいのはどれか。2 つ選べ。

1 薬局における設備・器具で製造し
その薬局において直接消費者に
販売又は授与する医薬品である。

2 薬局製剤は
厚生労働大臣の承認・許可を受けた薬局でしか
製造・販売できない。

3 薬局製剤は
漢方薬を主体とした漢方製剤は含まれない。

4 薬局製剤は
薬局独自の品目を、独自の製法によって
製造することが可能である。

5 薬局製剤の製造販売にあたっては
添付文書を作成する。





問340 
卸業者から納品された
医薬品の外箱側面に下記の記載があった。
この医薬品の検収・保管に関する
記述のうち誤っているのはどれか。2つ選べ。



1 外箱に破損がないか
開封されていないか確認した。

2 納品伝票の内容が
外箱に書かれた記載と一致するか確認した。

3 第二種向精神薬の譲受簿に記録した。

4 盗難防止のため、麻薬金庫に保管した。

5 保管場所の温度は 25 ℃に設定した。





問341 
近隣の高齢者とその家族から
熱中症について薬局に質問があった。
薬剤師の説明として
適切でないのはどれか。1 つ選べ。

1 室内でも温度や湿度が高いと
発症することがあります。

2 初期症状としては
めまいや立ちくらみが現れることがあります。

3 意識障害が出ている場合
その場所で意識が戻るまで安静にさせて下さい。

4 のどが渇かなくても
こまめに水分摂取と適度の塩分補給が
必要です。

5 高齢者は、汗をかきにくく
発症しやすくなるので注意が必要です。





問342 
夏のある日曜日の午前中
薬局に男性から電話があった。
その内容は、「早朝からひどい水様便で
何度もトイレに行く状態だ。熱はない。
昨夜寝る前に冷たいビールを飲んだ。
これからそちらに行く。」とのことであった。

この男性に薦める一般用医薬品の成分として
適切なのはどれか。2つ選べ。

1 タンニン酸アルブミン
2 ピレンゼピン塩酸塩水和物
3 スクラルファート水和物
4 ロペラミド塩酸塩
5 大黄





問343 
次の5名の健康診断の情報から
メタボリックシンドローム
(内臓脂肪症候群)として

特定健康診査・特定健康指導を受けるように
強く指導すべき対象者の番号はどれか。
1 つ選べ。
ただし、対象者はすべて喫煙歴はないものとする。





問344 
65歳男性。身長178cm、体重75kg。
食道がんの術前・術後の栄養管理に
養サポートチーム(NST)が
関与することになった。

ただし
本患者の食道に通過障害はあるものの
水分摂取は可能で
食道以外に障害はなかった。
術後においても、水分摂取は可能であった。

この患者に対する栄養療法に関する記述のうち
切なのはどれか。
2 つ選べ。

1 術前の栄養管理は
経腸栄養療法は実施できない。

2 術後の栄養管理には
経腸栄養療法が適している。

3 末梢静脈栄養療法では
1日あたりに必要となる糖質量を
投与することができない。

4 経腸栄養剤としては
半消化態栄養剤よりも
成分栄養剤の方が適している。

5 経腸栄養療法よりも
中心静脈栄養療法の方が
感染性リスクは少ない。





問345 
ある日、以下の処方せんを持った
5歳男児の両親が保険薬局を訪れた。

この薬局には
ドライシロップの在庫が全くなく
医師に疑義照会して
オセルタミビルリン酸塩カプセル75mg を
脱カプセルして調剤することになった。

(処方)
オセルタミビルリン酸塩ドライシロップ3% 
1回1.3g (1日2.6g)
1日2回  朝夕食後  5日分

この処方を全量調剤するのに
必要なオセルタミビルリン酸塩カプセルの
最少数はいくつか。
1 つ選べ。


1 4カプセル
2 5カプセル
3 6カプセル
4 7カプセル
5 8カプセル