問100-327 解説





問327
 病院内において薬剤師が行う
医薬品の管理に関する記述のうち
正しいのはどれか。2つ選べ。

1 医薬品管理の主な目的は
品質の保証された医薬品を安定供給することである。

2 ロット番号の管理は
健康被害拡大防止を目的とした医薬品の回収時に役立つ。

3 一定数量を病棟に配置し
使用分を補充する方法を発注点方式という。

4 経過措置品目に指定された医薬品は
告示された翌日から保険医療で使うことができない。



選択肢 1,2 は、正しい選択肢です。



選択肢 3 ですが
記述は、定数配置方式です。

発注点方式とは
在庫が発注点と呼ばれる一定量に達した時
発注をかける方式です。


よって、選択肢 3 は誤りです。



選択肢 4 ですが
経過措置品目とは、需要がなく供給が停止されたり
医療事故防止などを目的として
表示変更された場合の、元の医薬品 などです。

医療機関の在庫や周知期間を考慮して
経過措置期間が設けられます。
この期間は、保険適用されます。
告示された翌日から保険医療で使うことができない
わけでは、ありません。


よって、選択肢 4 は誤りです。



以上より、正解は 1,2 です。