問100-331 解説





問331 
院内の安全対策研修会で
下記の事例をもとに医療事故の対応を
多職種で議論した。

事例
60歳女性。
関節リウマチの診断で今回より初めて
メトトレキサートカプセル2mg 3カプセルが
4週間分処方された。

本来、週1回服用のところ
連日服用で28日分調剤された。
服用開始18日目に
倦怠感、食欲不振、歯肉出血が出現したた
自己判断で服用を中止した。

その3日後に外来受診し
検査の結果、口腔粘膜障害、胃腸障害
肝機能障害、骨髄抑制が認められたため
緊急入院となった。

議論の中で、この患者への処置について
薬剤師が意見を求められた。
この薬剤の特徴から考えて効果的なのはどれか。
2 つ選べ。

1 ホリナートカルシウムの投与
2 ビタミンK製剤の投与
3 薬用炭の投与
4 炭酸水素ナトリウム注射薬の投与



選択肢 1 は、正しい選択肢です。

ホリナートは、葉酸の活性型製剤です。
メトトレキサートによって生じる
副作用の回避のために用いられます。



選択肢 2 ですが
ビタミンK製剤は、抗生物質服用に伴う
腸内細菌叢の変化による、ビタミン K 産生不足
などに対して用いられます。

本症例に対しての使用は効果的ではないと
考えられます。


選択肢 3 ですが
薬用炭は、中毒物質の吸収を減少させることによる
解毒に用いられる薬剤です。

本症例では、すでに18日間投与が行われており
薬用炭投与は、効果的ではないと考えられます。



選択肢 4 は、正しい選択肢です。

メトトレキサートは
腎排泄型、弱酸性薬物です。

尿の pH をアルカリ側に変化させることで
尿に溶けやすくなり、尿中への排出量が増加します。
排出増加により
速やかに副作用の軽減を期待できます。



以上より、正解は 1,4 です。