問100-337 解説





問337 
3歳男児。
急性中耳炎に対し、以下の薬剤が処方された。この事例に対応した
薬剤情報提供として適切でないのはどれか。2 つ選べ。

(処方)
デキサメタゾンエリキシル0.01% 1回1.33mL(1日4mL)
単シロップ1回0.67mL(1日2mL)
以上、混合して1剤とする。1日3回朝昼夕食後4日分

1 1回量は、2mL であることを伝えた。
2 感染を防止する作用があることを伝えた。
3 消化管障害が現れることがあることを伝えた。
4 説明する時間がなかったので添付文書を渡した。
5 エタノールが含まれることを伝えた。



選択肢 1 は、正しい選択肢です。

1日分が 4mL のデキサメタゾンエリキシル と
1日分が 2 mL の単シロップ を混合して 1 剤なので
1 日分の総量は 6 mL です。
そして、 1 日 3 回なので、 1 回分は、2 mL です。



選択肢 2 ですが
デキサメタゾンは、ステロイドであり、炎症の防止作用です。
感染の防止ではありません。


よって、選択肢 2 は適切ではありません。



選択肢 3 は、正しい選択肢です。



選択肢 4 ですが
時間がないから指導をせず文書だけ渡す のは
薬剤情報提供とはいえません。


よって、選択肢 4 は適切ではありません。



選択肢 5 は、正しい選択肢です。
エリキシルとは、エタノールを含む澄明な内用液剤のことです。



以上より、正解は 2,4 です。