問100-338 解説





問338 
病棟で抽出された以下の問題点について
薬剤師の対応・判断として適切と考えられるのはどれか。
2 つ選べ。

1 アドヒアランス不良の患者に対し
薬剤情報提供書と薬剤実物を用いて指導を行った。

2 患者の薬識が低かったので
服用薬に対する理解度を高めるため、一包化調剤で対応した。

3 高血圧患者より2種類の内服薬の管理が
うまくできないとの申し出があり、
薬品情報を調査して配合剤への変更が可能かを検討した。

4 注射用セフェム系抗生物質投与時の
患者観察に関する看護師の相談に対して
初回投与時に問題が無かったので
同一薬剤2回目以降の観察は不要と回答した。



選択肢 1 は、正しい選択肢です。

例えば、糖尿病患者で、複数の薬を飲んでいて
「いっぱい、わけわからない薬を飲むのはいやだ」 という理由で
アドヒアランスが不良になっていたとします。

薬剤情報提供書と、実物を用いて指導を行い
薬識を高めてもらうことが、服薬の意義を理解し
アドヒアランス向上につながると考えられます。



選択肢 2 ですが
一包化することと、服用薬に対する理解度は
関係がありません。


よって、選択肢 2 は適切ではありません。



選択肢 3 は、正しい選択肢です。



選択肢 4 ですが
添付文書の重要な基本的注意によれば
副作用として、ショック、アナフィラキシー様症状があり
かつ、確実に予知できない ため
投与開始から投与終了まで、十分な観察が必要 と
されています。


よって、選択肢 4 は適切ではありません。



以上より、正解は 1,3 です。